Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Xbox One、299ドルからに値下げ。新モデルは6月13日のE3で発表?

Ittousai, @Ittousai_ej
2016年6月1日, 午後12:30 in E32016
308シェア
0
249
0
59

連載

注目記事



マイクロソフトが Xbox One の価格をグローバルで改定しました。米国での新価格は50ドル下がって299ドルから。500GB本体にゲームつきの同梱版が299ドル、1TB本体にゲーム4本の春バンドルが319ドルなど。



今回の値下げに至る経緯を最初から振り返ると、Xbox One の発売は主要市場の米英欧で2013年11月、日本や中国など優先度の低い国では2014年9月。当初はマイクロソフト先進テクノロジーの結晶たる Kinect v2センサーを標準で同梱し、前世代の Xbox 360 でプレイステーション帝国の領土を大きく削りとった勢いのまま一気に普及させる目論見で、ライバルよりも100ドル高い強気の499ドルで発売しました。

グラフィック性能に優りパブリッシャーとの関係強化に努めたライバルを相手に、価格差を正当化するキラーコンテンツすら用意しないまま勝負を挑んだ結果がどう出たかはご存知のとおり。PS4が累計4000万台を発表する一方、マイクロソフトはかなり前から台数発表すら止めています。

「台数は見込めるはずだから、会社の戦略的に普及させたい高価な新技術を量産する手段に使おう」と欲を出すと、初動で足かせとなって結局は謙虚ターンの競合に足元をすくわれるのは、Cellアーキテクチャを家電にも携帯にも採用させコンピューティングパラダイムの革新を夢見たPS3を彷彿とさせます。

本体だけでシンプルにゲームを優先したPS4のほうが、いまや普及台数を背景に高価な周辺機器のPS VRで注目される様はまさに因果は巡るというべきか、世代を跨いだ壮大なコントでも演じているかのようです。

マイクロソフトは劣勢が鮮明になった翌2014年にはKinectを切り離して100ドル値下げモデルを用意したほか、一年前の2015年の6月には50ドルの値下げを実施し、Xbox One は349ドルからになっていました。

今回の値下げは、二週間ほどあとにゲーム業界の一大イベント E3 を控えたタイミング。ソニー(SIE)が4K対応を強化した新型プレイステーション4「PS4K / 開発名 Neo」を準備中とのうわさがあるなかで、マイクロソフトはスリムになった新 Xbox One を年内に、ついで捲土重来を期したパワーアップ版 Xbox One を2017年に発売するのでは、と囁かれています。詳細は下記記事を参照。

Xbox Oneの新型2機種のうわさ。GPU強化モデルと廉価版が今後2年以内に登場? ライブ配信機器のリリースも示唆

このタイミングで従来機種が50ドル下がったということは、小売店と流通在庫的な事情もあるにせよ、E3 では本体の値下げよりも大きなインパクトがある何らかの発表が期待できそうです。E3 での Xbox ブリーフィングは現地で6月13日の午前9時30分から、日本時間では翌14日(火)の1時30分から。



なお Xbox One本体の値下げは米国や英国ではすでに実施されているものの、日本国内向けには執筆時点でアナウンスがなく、価格は3万9980円からのまま。ただし4月から続いた「オトクに本体購入キャンペーン」は5月末日で終了したため、このタイミングで海外に準じた値下げや独自施策が発表されても不思議はありません。



情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

Source: Xbox.com(US)
308シェア
0
249
0
59

Sponsored Contents