Sponsored Contents

Axon 7の最新記事

Image credit:
Save

高性能VRスマホ「ZTE AXON 7」は秋に日本発売、GoogleのVR規格Daydreamに世界初対応

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2016年6月15日, 午後09:30 in Axon 7
117シェア
0
117,"likes":28
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

ZTEは、GoogleのモバイルVRプラットフォーム DayDreamに世界で初めて対応したスマートフォン AXON 7を2016年秋に国内発売する予定を明かしました。同機種は5.5インチ 2560 x 1440有機ELディスプレイにSnapdragon 820プロセッサ、4GB RAMを搭載するハイエンド端末です。



本機種の大きな特徴は、Googleの次期OS Android Nが搭載する目玉機能「Daydream」への対応です。これはGoogleのモバイルVRプラットフォームで、遅延の少ないVRのクオリティを担保するため、対応にはジャイロセンサーや画面などで一定の要件を満たす必要があります。

GoogleのモバイルVRは『Daydream』。Android NにVR最適化モード追加、秋からヘッドセットや対応スマホ登場

ZTE AXON 7は、このDaydreamへの対応を宣言した世界初のスマートフォンです。かなりのハイエンド仕様で、画面には液晶より低遅延でVRに向く有機ELを採用。サイズは5.5インチで解像度は2560 x 1440。プロセッサーにはクアルコム最新鋭のSnapdragon 820、RAM容量は4GB、ストレージ容量は64GBで最大128GBのmicroSDXCカードも利用できます。(RAM 6GB、128GBストレージモデルもあり)

カメラは背面が2000万画素。F値は1.8と明るく、低照度撮影にも向きます。毎秒30フレームの4K動画撮影や、毎秒240フレームのHD(1280 x 720)動画撮影も可能です。オーディオ面も強化しており、Dolby Atmosに対応。本体前面の上下にステレオスピーカーを搭載し、立体感のあるサラウンド再生が可能です。実機に触れた際にもスピーカーの高音質さが強く印象に残りました。


▲スピーカーの高音質さが印象に残った


▲ZTEのマーケティングディレクター、ハーバード・チャン氏

ZTEのハーバード・チャン氏によると、AXON 7の日本国内での発売は、正式発表ではないものの2016年秋を予定しているとのこと。またAXON 7を装着できるVRゴーグルも用意するとしています(こちらの国内発売に言及なし)。今秋といえばDaydreamが使えるGoogleの次期モバイルOS Android Nのリリース時期にあたり、Daydreamが使えるVRスマホとして日本で訴求するのかもしれません。

なお2016年は「VR元年」と言われています。VRはリッチなグラフィックが楽しめる「据え置き型VR」と、ハコスコやGear VRのようにスマートフォンを装着して使う「モバイルVR」の2つに大別できます。モバイルVRは据え置き型に比べて、手軽にVRを楽しめるメリットがあるほか、スマートフォンの処理性能の向上や次世代通信規格5Gといった技術トレンドがあり、注目度が高まっています。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: Axon 7, vr, zte, zte axon 7
117シェア
0
117,"likes":28
0

Sponsored Contents