Sponsored Contents

AndroidTabletの最新記事

Image credit:
Save

指紋認証とLTE対応の7型タブレットがファーウェイから2万4980円で登場。Wi-Fi版の10型モデルは画面分割機能搭載

TOKORO KEI
2016年6月16日, 午後02:30 in Androidtablet
147シェア
0
147
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

ファーウェイは、Androidタブレットの新製品として、7型LTEモデルの『HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro』、および10型Wi-Fiモデルの『HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro』を発売します。

発売日は、7型LTEモデルが7月8日、10型Wi-Fiモデルが6月24日。市場想定売価は両機種とも2万4980円(税抜)で、比較的手の出しやすい価格帯のAndroidタブレットとなっています。

6/16訂正:記事初出時、3G(W-CDMA)には非対応、としていましたが誤りでした。訂正してお詫び申し上げます。

MediaPad T2 7.0 Proは、7型フルHD(1920x1200ドット)のIPS液晶を採用したAndroid 5.1搭載タブレット。側面に指紋センサーを搭載し、タッチしてロック解除ができるほか、アラームの停止や着信の受話にも指紋センサーを活用可能。さらに、指紋センサーの学習機能により、使えば使うほど、素早くスムーズな操作を実現するとしています。



メインカメラは1300万画素、インカメラは500万画素。CPUはクアルコム製Snapdragon 615(MSM8939)のオクタコアで、メモリは2GB、ストレージは16GB。IEEE 802.11 b/g/nのWiFi、Bluetooth 4.0に対応。下り最大150Mbps、上り最大50MbpsのLTEに対応し、SIMサイズはnano SIM。

対応周波数は、FDD-LTEがB1/3/8/19/26/28、TDD-LTEがB41、UMTS(W-CDMA)がB1/6/8/19。なお、3G通信のみのFOMA SIMカードには対応していません。

サイズは、約105.8(W)×187.4(H)×8.2(D)mm、重量は250g。バッテリー容量は4360mAh。カラーバリエーションは、ホワイト、ブルー、ゴールドの3色。

Gallery: HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro | 14 Photos

14


一方MediaPad T2 10.0 Proは、10型フルHD(1920x1200ドット)のIPS液晶を採用したAndroid 5.1搭載タブレット。7型とは異なり指紋センサーは非搭載とし、LTEにも対応していません。特徴としては、1画面に2つのアプリを同時起動できる『分割画面機能』を搭載し、並行作業をスムーズに行うことが可能です。



メインカメラは800万画素、インカメラは200万画素。7型と同様に、CPUはクアルコム製Snapdragon 615(MSM8939)のオクタコアで、メモリは2GB、ストレージは16GB。IEEE 802.11 b/g/n/acのWiFi、Bluetooth 4.1に対応。

サイズは、約259.1(W)×156.4(H)×8.5(D)mm、重量は495g。バッテリー容量は6660mAh。カラーバリエーションは、ホワイト、ブラックの2色。

Gallery: HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro | 10 Photos

10




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: AndroidTablet, huawei, huawei mediapad
147シェア
0
147
0

Sponsored Contents