Sponsored Contents

kddiの最新記事

Image credit:
Save

au版Xperia X Performanceは6月24日発売。価格は9万2880円とS7 edgeより5000円以上安価に

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2016年6月17日, 午後05:00 in Kddi
141シェア
0
141
0
0

連載

注目記事



auが、ソニーモバイル製スマートフォン Xperia X performance(SOV33)の発売日と価格を公開しました。発売は6月24日。auオンラインショップにおける本体価格は一括購入で9万2880円(税込)、毎月割およびauスマートパス加入時の実質価格は4万3200円となります。

同モデルの発売日はNTTドコモ版が「6月下旬」、ソフトバンク版は「6月中旬以降」となっており、auはもっとも速く発売日を公開した格好です。なお価格に関しては、au版Galaxy S7 edge(一括では9万8280円、毎月割およびauスマートパス加入時実質価格は4万8600円)よりも5000円以上安価な設定です。

Gallery: ソニー Xperia X Performance | 14 Photos

14



Xperia X Performanceは、グローバルで展開する「Xperia Xシリーズ」で唯一防水・防塵に対応したモデル。側面には指紋センサーを備えます。

主な仕様は、Xperia Z5と比較してCPU性能が2倍、GPU性能が1.4倍に向上したクアルコムの最新SoC Snapdragon 820、5.0インチ フルHD(1920 x 1080)トリルミナスディスプレイ for Mobile、3GB RAM、32GBストレージなど。microSDカードスロットはSIMカードスロットと一体で、最大200GBまでのmicroSDXCカードが使えます。OSはAndroid 6.0。

また、搭載する背面2300万画素カメラには新技術「先読みオートフォーカス」を導入。これは被写体の動きを予測して、予測した地点にフォーカスを合わせることでAFを高速化する技術。インカメラも1320万画素と一昔のフラグシップ機のリアカメラ並の画素数と、カメラ機能の強化が図られています。

au版Xperia X Performanceでは、グローバルモデルの仕様に加えて、ワンセグ・フルセグ・おサイフケータイに対応します。



カラーバリエーションは「ホワイト」「グラファイトブラック」「ライムゴールド」「ローズゴールド」の4色展開です。

バッテリー容量は2570mAh。また米Qunovo社が開発したバッテリー制御技術を導入。スマートフォンに使われているバッテリーは通常充放電を繰り返すことで劣化が進みますが、この制御技術の導入により、劣化速度が最大で半分になり、端末のライフサイクルが長く保てるとしています。

ネットワークは受信最大370Mbpsのau 4G LTEやWiMAX 2+に対応。なお370Mbpsエリアは東京都渋谷駅州へネリアから開始し、順次大阪府梅田駅周辺、愛知県名古屋駅周辺、山手線主要駅周辺などへ順次拡大予定となっています。



本体サイズは約71 (W) x 144 (H) x 8.6 (D) mm、重量は165gです。

<関連記事>




夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: KDDI
関連キーワード: kddi, SonyMobile, xperia, Xperia X Performance
141シェア
0
141
0
0

Sponsored Contents