Sponsored Contents

Compute Stickの最新記事

Image credit:
Save

インテルが高性能スティックPC発売。初のCore m3搭載ながら本体サイズは従来同様、ACアダプタにUSB3.0搭載

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2016年6月23日, 午前07:00 in Compute Stick
468シェア
0
262
0
206

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View


インテルが、スティック型PC「Compute Stick」(コンピュートスティック)の上位モデル『STK2M3W64CC』を発売開始しました。実売価格は税込で5万8000円前後。搭載OSはWindows 10 Home 64ビット版です(Microsoft Officeは付属しません)。

特徴は同種のモデルとしては初めて、心臓部となるCPUに第六世代(Skylake)の『Core m3-6Y30』を搭載した点。従来の同シリーズや他社製モデルが搭載するAtomシリーズに比較して消費電力と発熱は多いものの、性能が大きく向上します。

Gallery: インテル スティックPC Core m搭載モデル | 8 Photos

8



本機はもともと、2015年9月のIFA 2015でプレビューされたモデル。当時のバージョンより本体カラーやUSB タイプC端子の扱い(発売版では電源入力ポートとなりました)などが変更されています。当時から見てきたユーザーからすると「やっと出た」というモデルでしょう(当時の仕様は下記記事を参照ください)。

インテル、Skylake Core m版のスティック型Windows 10 PC発表。USB-C採用、HDMI直挿し

CPUが従来機のAtomシリーズからCore mとなったことで、インテルは「従来の製品と比較して、処理能力やグラフィックス性能が大幅に向上しています」と謳います。となれば、従来のAtom搭載モデルに比べて本体の大きさや重量増が気になるところですが、実はほとんど変わりがありません。



具体的な本機のサイズ(縦長にした状態)は38×114×12mm (幅×高さ×厚さ)で、本体重量は60.2g。対してAtom x5-z8300搭載の現行モデル『STK1AW32SC』は、サイズが38×113×12mm、本体重量60.0gと、ほぼ同じサイズと重さ。

つまり本機は「価格こそ高価ながら、サイズと重量をほぼ変えずにCore m搭載を実現したモデル」という位置づけになります。

なお他メーカーのスティック型PCなどではファンレス動作の製品もありますが、本機は小型ながら冷却ファンを搭載するタイプ。動作音では当然不利ですが、テレビの背面など、熱のこもりやすい場所でも安定した動作が見込めます。

隠れたポイントとなるメインメモリは4GBのDDR3L-1866を搭載。増設不可ですが、グラフィックス性能では有利となるデュアルチャンネル対応仕様です。ストレージはeMMC接続の64GBフラッシュメモリを搭載。Atom機ではそれぞれ2GB+32GB構成が多いため、上位機らしい差別化となっています。さらにマイクロSDカードスロット(SDXCとUHS-I対応)も備えます。

CPU内蔵グラフィックスはCore mならではの「HDグラフィックス 515」を搭載。4Kなど高解像度環境でAtom系に比べて速度の優位を発揮するため、インテル側は「4Kデジタルサイネージ等の用途に最適」とアピールします。ただしHDMI出力端子のバージョンは1.4bなので、4K解像度時のリフレッシュレートは30Hzまでなのが惜しいところです。





さて、ユニークなのはUSB端子。本体に搭載する3.0 タイプA×1基に加え、なんとACアダプタに3.0 タイプA×2基が用意されます(下側の図では、ワイヤレスキーボードとマウスをACアダプタ側のUSBで接続しているところ)。ACアダプタと本体の接続端子はUSBタイプCコネクタとなっているため、これでUSBと電源をまかなう仕様です。

なお、電源出力は5V、4A=20Wと大きめ。ライバル機などではAtomを採用していたこともあり「テレビからのUSB給電」という手法が使えましたが、さすがにCore m搭載ということで現状ではACアダプタとの組み合わせが前提となっており、残念ながら設置の利便性は減っています。ちなみにACアダプタはACケーブルレスとなる、いわゆるウォールマウント形状です。

隠れた特徴がWi-Fiの速度。搭載するアダプタは最高866Mbps(いわゆる2×2ストリーム)対応のため、433Mbpsまでの対応が多いライバル機と比べて優位となります。



主な仕様は、

CPU:Core m3-6Y30(2コア4スレッド、基本クロック0.9GHz、ターボ時最大 2.2GHz)
GPU:インテル HDグラフィックス 515(CPU内蔵)
メモリ:4GB(DDR3L-1866MHz、デュアルチャンネル、増設不可)
ストレージ:64GBフラッシュメモリ(eMMC接続)
外部ストレージ:マイクロSDカードスロット×1(SDXCとUHS-I対応、最大128GB)
ディスプレイ出力:HDMI 1.4b×1
無線接続:インテル Dual Band Wireless-AC 8260(IEEE 802.11ac 最高速度866Mbps+Bluetooth 4.2)
拡張端子:USB 3.0 ×1 (本体)、USB 3.0×2(ACアダプタ)、電源入力
電源:ACアダプタ式 (出力5V、20W)
本体サイズ(縦長状態):38×114×12mm (幅×高さ×厚さ)
本体重量:60.2g

といったところ。



このように本モデルは高価ではあるものの、従来モデルのコンパクトさを保ちつつ、CPUをはじめとする基本性能を順当にアップさせた仕様。
米国での希望小売価格は399ドルのため日本価格はきつい感があるものの、「ビジネス向けPCとしてメインでも使える性能をスティック型で実現できる」というメリットは現状で他にないだけに、魅力は決して小さくはないモデルです。

なお、秋葉原の一部PCパーツショップでは、STK2M3W64CCのOSなしモデルとなる『STK2M364CC』が実売4万3000円で、CPUにより高速なCore m5-6Y57を搭載したOSなしの上位モデル『STK2MV64CC』も実売約7万円で発売中です。

468シェア
0
262
0
206

Sponsored Contents