Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

3つの測りかたができるスマート巻尺『Bagel』発表。測定データはスマホに転送、ボイスメモも搭載

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年6月30日, 午後03:00 in Bagel
117シェア
0
117
0
0

連載

注目記事

 
カリフォルニアのスタートアップBagel Labsが、3つの"ものさし"をひとつにした「Bagel」を発表、Kickstarterにて製品化のためのクラウドファンディングを開始しました。

Bagelの特徴は、コンベックスメジャーのような外観のケースに紐状の巻尺、ホイールメジャー、レーザー距離計を詰め込んだところ。いずれもデジタル計測可能で、測定値はBluetooth経由でスマートフォンアプリに転送可能なため、メモを取るまでに数値を忘れてしまうことがありません。

 
いちばん使う機会が多そうなストリング状の巻尺は、10mまでの直線の距離を測ったり、ビンの周囲長を測ることが可能。衣服のサイズを測るテープメジャーのかわりとしても使えます。数値はデジタルで表示される仕組みなので、細かい目盛りを読む必要もありません。ストリングは最大50kgの荷重に耐えられるため、滅多なことでは切れません。
 
 
ホイールメジャーは、本体から少しだけでた車輪を走らせることでその長さを測るもので、曲面の測定に適します。ストリングでも曲面の測定は可能ですが、たとえば円筒状のものの内周を図る場合はホイールメジャーが便利です。こちらも最大測定距離は10m。
さらにレーザーによる最大5mの距離測定機能も搭載。室内で家具を配置する際、ある位置から壁までの距離を測ったりといった使いかたができ、天井の高さを測ることも可能です。

いずれの機能も、測定した値はボイスメモとともに専用のスマートフォンアプリに転送可能。吹き込んだ音声はテキスト変換されるため、数値とともにアプリ画面にテキスト情報として表示できます。


Kickstarterキャンペーンでは、記事執筆時点で59ドル(約6000円)の出資からBagelを入手可能。出資募集期間は8月3日まであるものの、すでに目標とする合計出資額3万ドルの倍となる6万ドルも軽く突破しました。計画上の出荷時期は2016年11月。なお、クラウドファンディングという性格上、万が一の場合は出荷に漕ぎつけられない可能性も無いとはいえないことは理解しておくこと。

とはいえBagelは、紹介動画を見ているとなんとなく「すごいなー欲しいなー思ったより安いなー」と思ってしまう製品であることは確か。およそ6000円と大して高価でもないため、これなら買えると思った人もいるかもしれません。

もしBagelを購入しようと思うなら、普段の生活でそんなに物の長さを測る機会があるかを自問してみてから決めると良いかもしれません。




夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Kickstarter
関連キーワード: bagel, gadgetry, gadgets, gear, kickstarter, tape measure
117シェア
0
117
0
0

Sponsored Contents