Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

新Wi-Fi規格802.11ac Wave 2認定開始。最大6.9Gbps、マルチユーザの安定性向上など。既存デバイスにも対応

Ittousai, @Ittousai_ej
2016年6月30日, 午後02:00
336シェア
0
170
0
166

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


ワイヤレス製品の業界団体 Wi-Fi アライアンスが、最新規格 Wi-Fi CERTIFIED ac Wave 2 の認定プログラムを開始しました。

ac Wave 2 は、802.11ac 規格を基にした第二世代のWi-Fi ac 仕様。複数ユーザーの同時接続でも速度が落ちない MU-MIMO、4x4空間ストリーム、160MHz幅チャンネルなど、さらに高度な機能に対応します。


いわゆるWiFiの名称をめぐる話は少々ややこしく、新規格の策定から製品の出荷まではさまざまな段階があります。単純化すると、無線通信の規格そのものを決めるのは国際標準化団体である IEEEの役割。

ここで決まった802.11規格に基づき作られた製品に対して、購入者に分かりやすいよう、相互運用性など一定の仕様を満たすことを認定して「Wi-Fi CERTIFIED」のお墨付きを与える業界団体がWi-Fi アライアンスです。

メーカーは規格の策定中から、あるいはWi-Fiアライアンスが認定プログラムを開始する前から製品を開発・出荷するため、最新の規格にハードウェアとしては対応させておきアップデートで有効化する場合、Wi-FiアライアンスのCERTIFIEDではなくても最新機能に対応している場合もあります。

今回のWi-Fiアライアンスの発表は、802.11ac規格を基にした製品に対して、Wi-Fi CERTIFIED ac 対応の認定プログラムを第二世代機能 Wave 2を含むよう拡大しました、という内容。要するに、今後は正式に Wi-Fi ac Wave 2対応をうたう製品が増えてゆくことになります。

その Wave 2 機能とはなにかといえば、主なところは

・ルータと複数のデバイスで同時に、効率的に通信する MU-MIMO (マルチユーザー マルチインプット マルチアウトプット)
・最大帯域幅が従来の倍となる 160MHz チャンネル
・4 spatial stream (空間ストリーム)。従来は3まで。
・5GHz帯対応の拡張。対応チャンネルが使える場合。

こうした更新により、新製品では8x8 MIMO時に規格上最大で6.9Gbpsのスループットが得られることになります。

ac Wave 2の機能に一部または全部対応したチップセットはすでに出荷されており、実際の搭載製品も一部の高級機種として販売中です。Qualcomm によれば、同社はすでに100以上のMU-MIMO対応製品を発売済み。

最近高いルータを買ったばかりなのに新規格が出てきた!という場合、実際には Wave 2機能がすでに搭載されていたり、アップデートで対応してもおかしくありません。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Wi-Fi
336シェア
0
170
0
166

Sponsored Contents