Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

速報:日本初のAndroid OneスマホはY!モバ507SH。最新OS保証、キャップレス防水防塵にワンセグ、3日バッテリー

Ittousai, @Ittousai_ej
2016年7月5日, 午後04:16 in Android
746シェア
0
494
0
252

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View


Y!モバイルとGoogleが、日本発の Android One スマートフォン 507SH を発表しました。

Android One とは、Google とメーカー各社の協力でAndroidスマートフォンのソフトウェアエクスペリエンスを向上させるプログラム。

メーカーやキャリア独自のOS改変がない素のAndroid OSを採用しており、最低2年間はGoogleから毎月の自動アップデートと、最低18か月は最新Android OSへのアップグレードを保証します。

Gallery: Android Oneスマホ Y!mobile 507SH | 13 Photos

13

【関連記事】
Android Oも見据えたシャープのAndroid Oneスマホ「507SH」開発秘話。『3倍大変だった』



Androidは アップル iPhoneのようにソフトととハードを一社で統合設計するモデルではなく、Google主導のAndroid OSを各メーカーが自由に導入する仕組みです。

このため端末メーカーや販売キャリアによるカスタマイズが盛んで個性的な端末が登場する一方で、最新OSへの追従も各メーカーやキャリアに委ねられることになります。

その結果、買ったばかりの最新ハイエンド端末でも最新のOSがなかなか導入できなかったり、購入時バージョンのまま見捨てられて最新OS機能やアプリが使えないことがよくあり、市場に新旧のOSバージョンが混在する「断片化」が課題として叫ばれてきました。

OSバージョンはさておくとしても、セキュリティ関連のアップデートすら提供されない場合があるなど、釣った魚扱いされ劣悪な環境に置かれるユーザーが多いことも問題となっています。



こうした状況のなか、Googleの狙う「次の10億人」へのAndroidスマートフォン普及とソフトウェア品質を両立させるため、2014年のGoogle I/Oで Android Oneの取り組みが発表されました。

Android One では素のAndroid (ストックOS)を採用してソフトウェアをシンプルにし、Googleから直接アップデートを提供することにより、最新OS採用とアップグレード保証、毎月の迅速な自動ソフトウェアアップデートを実現します。

実際に2015年には、新興国向けの安価なローエンド製品であっても、Android One端末にはNexusと同じく真っ先に最新OS Android 5.1 ロリポップが提供されています。








今回ワイモバイルが発表したシャープ製の507SHは、日本初のAndroid One端末。

主な仕様は、5.0インチ1280 x 720 IGZO液晶(2.5D ゴリラガラス4カバー)、Snapdragon 617 MSM8952プロセッサ(4+4オクタコア / Adreno 405 GPU)、2GB RAM、16GBストレージ、microSDXCスロット、IP58 / IP55防水防塵、ワンセグ、13MPメインカメラ(裏面照射積層型CMOSセンサ)、5MPフロントカメラ、Bluetooth 4.2、802.11b/g/n WiFi(テザリング10台)、NFC(Felica非対応)、3010mAhバッテリー、急速充電対応など。

本体寸法は約142 x 71 x 8.8mm、重さ約135g。

OSは現行最新のAndroid 6.0 Marshmallow。なおGoogle発表の開発者向け統計では、2016年6月時点でアクティブなAndroid端末のうち約10%だけがマシュマロ搭載です。

Android One では発売から最低18か月間、最低一回以上のOSアップグレードを保証するため、次期最新OSのAndroid Nougat (ヌガー )へのアップグレードが保証されていることになります。

Android Oneとして保証するのは「最低一回以上のOSアップグレード」ですが、現状のAndroid OSリリースサイクルが変わらないと仮定した場合、発売から18か月のうちにはヌガーのさらに次の Android O も期間に含まれます。



新興国市場向けのAndroid One端末は割りきったローエンド仕様がほとんどでしたが、507SHはそこそこのミッドレンジ仕様に防水防塵、ワンセグなど、シャープらしい国内向け仕様も充実しています。

またAndroid One端末のため、ソフトウェアは Google 標準アプリを中心に、必要なものだけを搭載して「従来のスマートフォンに比べて分かりやすく、使いやすいのが特長」(ワイモバイル)。

発売は7月下旬予定。価格は「実質」1万円台か2万円台になる見込みです。

※記事掲出時、本文中にSH507とありましたが、正しくは507SHです。訂正してお詫び申し上げます

746シェア
0
494
0
252

Sponsored Contents