Sponsored Contents

diyの最新記事

Image credit:
Save

巨大な自作16bitコンピューターでテトリスをプレイ。総額520万円、トランジスター4万個、LED1万個使用

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年7月6日, 午後05:00 in Diy
375シェア
0
375
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
 
英国ケンブリッジ在住の技術者ジェイムズ・ニューマン氏が"ホビー目的で"1960~70年代のような巨大コンピューター「Megaprocessor」を製作しました。リビングいっぱいに構築されたそのエレクトリックモンスターで、ニューマン氏はテトリスをプレイします。

トランジスター4万個、LED1万個、総重量500kg...と数字を並べていくと、思わず餃子の王将のCMを思い出す人もいるかもしれません。しかしこのMegaprocessor、使ったパーツの数や幅約10m、高さ約2mという見てくれの怪物っぷりとは裏腹に、最近のスマートフォン用プロセッサーに遠くおよばない性能しか発揮しません。

とはいえ、製作期間約4年、製作総費用4万ポンド(約520万円)という時間とコストをかけた以上は、それを使わなくては意味がありません。そこでニューマン氏はMegaprocessorが持つ16bitの処理性能を活かして「テトリス」や「3目並べ」をプレイ可能としました。

ニューマン氏は「いまのコンピュータはすべて隠されていて、中でデータがどう処理されてるのかがわからない。だからそれを目に見える大きさで作りたかった」。そして、「できればこのMegaprocessorを子どもたちの教育のために活用したいんだ」と語ります。ただ、そのためにはまずこのモンスターをリビングから運び出す方法を考える必要がありそうです。
 



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

375シェア
0
375
0

Sponsored Contents