Sponsored Contents

docomoの最新記事

Image credit:
Save

歩くだけでdポイントが貯まる ドコモ「歩いておトク」3か月目──月300円の元は取れたか:週刊モバイル通信 石野純也

石野純也(Junya Ishino)
2016年7月20日, 午前10:00 in Docomo
316シェア
0
169
0
147

連載

注目記事

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

View

歩くだけでポイントがザクザクと貯まり、文字通りお得だと話題になったドコモの「歩いておトク」がサービスインしてから、約3カ月がたちました。

筆者も、開始直後から契約を続けており、dポイントは順調に貯まっています。一方で、サービス開始時の売り文句に、疑問符がつくこともありました。当初レビューしたように、"本当に歩くだけでおトクになっている"こともある半面、必ずしも元が取れるとは限らないからです。3カ月にわたって使い続けたインプレッションを、ここでお届けします。


▲一定歩数に達するとランダムにポイントが付与される「歩いておトク」

改めておさらいしておくと、歩いておトクとは、ドコモの子会社であるドコモヘルスケアが、ソーシャルゲームでおなじみのDeNAとタッグを組んで開発したサービス。

歩数計アプリの歩数に応じてプレゼントが付与され、決められたコースをゴールするとその箱が空き、ポイントがもらえるというのが基本的なしくみです。プレゼントの箱は金、銀、ノーマルの3種類で、左から順に入っているポイントの期待値が大きくなります。お得なのはそのポイント量で、月額300円のサービスながら、毎日7000歩程度歩けば、平均で500ポイント入手できるとうたわれていました。

詳細はこちらの記事もご覧ください:歩くだけでdポイントが貯まる、ドコモ「歩いておトク」は本当にお得?8日間使い続けた感想 (週刊モバイル通信 石野純也)


▲サービスはDeNAと共同で開発


▲1カ月平均で500ポイント貯まるという

実際、当初はその名のとおり、ポイントの大盤振る舞いといった印象がありました。筆者のアプリで履歴を振り返ってみると、4月は1/3カ月程度で363ポイント。初回ボーナスの100ポイントを引いても263ポイントで、月換算すれば、会見時にうたわれていた平均を上回っています。5月も518ポイントとまずまずの成果。歩数平均は1万歩近かったため、やや平均を下回っている印象もありましたが、それでも月300円のサービスで500ポイント以上もらえるのであれば、特に不満はありませんでした。


▲4月


▲5月、両月ともうたい文句に近いポイントを取得

ところが、その印象は6月に大きく変わりました。6月も同様に、1万歩弱の平均歩数で推移していましたが、結果は256ポイント。7000歩での平均ポイントを大きく下回っているだけでなく、サービス利用料の300円にすら届きませんでした。「最悪でも払ったぶんだけポイントにはなりそう」という目論見が、もろくも崩れ去ってしまったのです。4月、5月と順調だっただけに、これは「DeNAのノウハウ」で調整が入ったのかと思いました。

ソーシャゲームは、継続率や課金率を高めるために、ゲームバランスを統計的な手法を用いて常に変えていくのが一般的だからです。


▲6月は月額利用料を下回る形に

ただ、平均500ポイントとうたわれていたサービスで、その半分に近い256ポイントしか得られないと、さすがにやる気をそがれてしまいます。筆者も、この数値を見て、心が折れそうになり、解約という言葉が頭をよぎりました。ただ、4月、5月で平均を上回っているため、もう少し様子を見てもいいかと思い、現在までサービスを継続しています。

7月は19日時点で275ポイント。今後、運よく金の箱を連続取得できれば平均を上回りますし、逆に運が悪ければ400ポイント程度で終わってしまう数値です。まだ結果は分かりませんが、このぐらいの幅に収まるのであれば、今後も続けてみようと思っているところです。


▲7月は順調なやや回復傾向

では、ポイントが大幅に減った6月には、何か仕様の変化があったのでしょうか。この質問をドコモにしてみたところ、「変更はございません」(ドコモ広報部)との回答。ポイントの付与数はあくまでも、「デイリーボーナスのポイント数、プレゼントボックスの色や、そのポイント数は抽選になっている」(同)、筆者の6月のように、極端にポイントが低くなることも理論的にはあるそうです。

7000歩程度で500ポイントは「平均という趣旨での発言」(同)とのこと。中央値が定かではないため何とも言えないところはありますが、700ポイントや800ポイントつくユーザーも少ないながらいるのかもしれません。


▲ポイントはランダムなため数値が大きく上下する可能性も

ドコモのコメントを見ると、月500ポイントはあくまで平均で、それを下回る月も当然あるということが分かります。サービスが始まってまだ3カ月ですが、今後、もっと利用期間が伸びていけば、ならされていき平均で500ポイント程度になるのかもしれません。筆者も、今のところ、トータルではマイナスになっていないため、継続して利用する中で、平均が何ポイントになるのかはチェックしていくつもりです。

それとは別に、サービスそのものも、今後、さらに進化していくようです。ドコモによると、毎月のツアー追加に加え、CMキャラクターとして大人気の「ポインコ」を、歩いておトク内で使えるようにする予定があるとのこと。通過済みの観光スポット情報を、あとから見直す機能も検討しているそうです。また、Androidスマホで国際ローミング中にモバイルデータ通信で利用できなかった仕様も今後改善され、オン・オフを選択できるようになる予定。海外旅行中などは普段以上に歩くことが多いため、これはうれしいアップデートです。


▲キャラクターの選択肢が増える予定


▲国際ローミングで利用できない問題も解決予定

ポイントの量に直結するような仕様変更ではありませんが、毎日もっと楽しく歩けた方が、長続きすることは確実。サービスとして見ると少々味気なかった歩いておトクですが、アップデートの手を緩めず、今後はもっと楽しさを追求してほしいと感じています。

関連キーワード: docomo, dpoint, ishino
316シェア
0
169
0
147

Sponsored Contents