Sponsored Contents

nintendoの最新記事

Image credit:
Save

『ポケモンGO』国内リリース延期、マクドナルド社内メール流出のため?

Kiyoshi Tane
2016年7月20日, 午後01:33 in Nintendo
649シェア
0
649
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View

日本でのリリースが本日との噂があった『Pokemon GO』ですが、開発及び運営を担当しているNianticが延期することにしたと海外メディアのTechCrunchが報じています。情報に詳しい筋によれば、スポンサーとして提携しているマクドナルドの社内メールがリークされたため、サーバーに過度の負荷がかかるかもしれないと懸念されたからとのこと。

昨日TechCrunchは日本で明日、つまり今日『Pokemon GO』が配信されると報じていましたが、急きょ延期とされたそうです。リリース開始の噂により、ゲームに過度な負荷がかかることを懸念した結果とのこと。原文では、リークが広まる火種となった「2ちゃんねる」とは何かも合わせて解説されています。


GO

まだ公式にはリリース開始日がアナウンスされていないのに「延期」とは不思議な感じですが、国内3000店舗以上のマクドナルドで展開される予定だけに、すでに既定事項として動いていた関係者も多いはず。日経報道では「日本での同ゲームの発表に合わせ、週内にも(マクドナルドとの提携が)発表される可能性」とあるので、リリースが差し迫っていることは間違いなさそうです。

とはいえ、ポジティブに考えれば莫大なアクセス負荷に耐えられるサーバーの準備が整ってきたということ。NianticのCEOであるJohn Hanke氏は「日本で十分なサーバーを用意するのは時間がかかる」ことを延期の理由としていた裏返しとして、配信スタートしても即落ちする可能性は低そうです。

『Pokemon GO』はすでに全世界の30カ国以上で配信中。アプリの総ダウンロード数は3000万以上、アプリ内課金の売上は3500万ドル(約37億円)を突破し、ユーザー数はTwitterのアクティブユーザー数を凌駕しています。任天堂の株価も配信前の2倍以上に急騰しており、勢いは留まるところを知りません。

日本でのリリースは遅すぎるとボヤかれがちですが、実はアジア地域では一番乗りのローンチ。中国では『Pokemon Go』の正体は日米合作の陰謀論(秘密基地を探査するためとか)まで飛び出しており、国家機密にも関わる「地図」のデリケートさを浮き彫りにする副作用も出ていますが、ポケモンを通じて世界が平和になることを願ってやみません。

関連記事:『Pokemon GO』+Ingressでレアポケモンを探す裏技が見つかる




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: TechCrunch
関連キーワード: nintendo, Pokemon GO
649シェア
0
649
0

Sponsored Contents