Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

インテル、全部入りVRヘッドセットProject Alloy発表。RealSenseで外部センサやコントローラ不要の「融合現実」端末、来年オープン化

Ittousai, @Ittousai_ej
2016年8月17日, 午前06:30
857シェア
0
635
0
222

連載

注目記事



サンフランシスコで開催中の開発者イベント IDFより。インテルが独自の仮想現実・拡張現実ヘッドマウントデバイス Project Alloy を発表しました。

Project Alloy は外部のコンピュータと接続する必要がなく、ケーブルや無線の制約を気にせず仮想空間を歩けるスタンドアロン型のヘッドマウント端末。


インテルの3Dセンサ RealSense を内蔵することにより、コントローラを使わず直接ユーザーの手を認識して仮想オブジェクトを操作したり、現実の部屋の壁や人など外部環境と仮想空間をリアルタイムに融合させることが可能です。

Gallery: Project Alloy 融合現実ヘッドマウントデバイス (IDF San Francisco 2016 Keynote) | 5 Photos

5


インテルではこうした特徴を「Merged Reality」(融合現実)と名付け、これまでになく自然でダイナミックに仮想世界を体験する新たな方法と称しています。





Project Alloy のハードウェアは、Oculus Rift やサムスンの Gear VR、HTC Vive などと同じく視界を覆うタイプのヘッドセット型。Rift や Vive は外部の高性能なPCとケーブル接続が必要ですが、Alloy はディスプレイもプロセッサもバッテリーも内蔵して単体動作します。

最大の特徴はインテルの3DセンシングカメラRealSenseを内蔵すること。RealSenseは通常の高解像度カメラ(RGBカメラ)とIRカメラ、IRプロジェクターが一体化したセンサで、目の前の環境を平面画像だけでなく奥行きまで立体的に認識できます。

従来のVRヘッドセットでは,PCとのケーブル接続が必要だったり、またユーザーの動きを認識する外部センサ(カメラ)を壁やデスクに設置する必要から、実際に歩き回れる仮想空間の広さに制約がありました。

Project Alloy はケーブル不要で単体動作すること、またRealSenseと内蔵のセンサ群でプレーヤーの動きを認識することで、移動に制約がなく、6軸自由なVR体験ができることを売りとしています。

またRealSenseカメラで目の前の家具や壁、人などを捉えてリアルタイムに取り込んだり、仮想空間と融合させて見せることも可能。ユーザーの手も認識できるため、手にコントローラをなどを持たなくても、目の前の仮想オブジェクトとインタラクトできます。



インテルは Project Alloy のハードウェアとAPIを2017年にオープンプラットフォーム化し、サードパーティーが Project Alloy 準拠のVR /AR ヘッドセットを販売できるようにする計画です。

またマイクロソフトとの協力により、Windows に標準搭載される VR / AR プラットフォーム Windows Holographic 対応コンテンツを Project Alloy などインテルベースのVRデバイスに最適化してゆくこともあわせて発表しています。

857シェア
0
635
0
222

Sponsored Contents