Sponsored Contents

auの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 7登場でギガ数革命。auも20GBで月6000円の「スーパーデジラ」発表、ソフトバンクのギガモンスター対抗

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2016年9月9日, 午後01:35 in Au
242シェア
0
242
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


auは大容量かつ低価格なデータ定額プラン「スーパーデジラ」を発表しました。月6000円で20GB使える「データ定額20」と、月8000円で30GB使える「データ定額30」の2プランを用意。提供開始日は9月15日で、これはiPhone 7 / Plus発売の前日にあたります。

基本的にはソフトバンクが昨日発表した「ギガモンスター」への対抗プランとなっており、テザリングには別途1000円のオプション料金が必要な点も同様。ただソフトバンクとは異なり、テザリングオプションを9月15日から2017年4月末まで無料で利用できるキャンペーンも実施します。
(追記:ソフトバンクもテザリング料金無料キャンペーンを発表しました。期間も同じサービス開始~2017年4月末まで)。

また、データくりこしを利用すれば、余ったデータ容量を全て翌月に繰り越すことが可能です。
(追記: ソフトバンクも仕様を改定し、余ったデータ容量を全て翌月に繰り越せるようになりました)

なお、スーパーデジラの提供開始にともない、既存の「データ定額8 / 10 / 13」は新規申し込み受付を終了。なお現在利用中のユーザーは継続して使うことができます。



iPhone 7登場のタイミングで「ギガ数革命」

iPhone 7 / Plusの発売に合わせ、ソフトバンク・auが相次いで20GB・30GBの価格破壊的プランを投入してきました。背景にはコンテンツのリッチ化、例えばFacebookやTwitterでの埋め込み動画などでスマートフォンの通信量が増大し続けている点があります。

5GBプランに+1000円で20GB使えるという同プランのコストパフォーマンスは、昨今の大手キャリアとしては革命的と呼べそうなもの。思い切って契約すれば、かなりヘビーなユーザーでも、いわゆる「通信制限」の心配は大幅に低減されるだけに、一定ニーズがありそうです。
合わせて、まだ同様のプランを発表していないドコモの動向も注目されます。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: KDDI
関連キーワード: au, kddi, super degilla, superdegilla
242シェア
0
242
0
0

Sponsored Contents