Sponsored Contents

Bandai Namco Gamesの最新記事

Image credit:
Save

サマーレッスンのあの子は「宮本ひかり」に。2980円でPSVR同日DL発売、早くもシチュエーション別追加DLCも予告

236シェア
0
130
0
106

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


9月13日に開催されたプレイステーションの戦略発表会『2016 PlayStation Press Conference in Japan』の中で注目となったのが、10月13日に発売されるPS4+PlayStation VR(PSVR)専用ソフトとなる、バンダイナムコゲームズの「サマーレッスン(仮)」。

Engadgetでもたびたびお伝えしてきたこのタイトルですが、今回、正式タイトルが『サマーレッスン:宮本ひかり セブンデイズルーム(基本ゲームパック)』となり、発売日も予定通り(PSVRと同じ10月13日)となる点、価格が2980円(税込)となる点などが発表されました。この意味深なタイトルの背景に関しては、続きでお伝えします。

Gallery: サマーレッスン 宮本ひかり セブンデイズルーム (基本ゲームパック) | 17 Photos

17


『サマーレッスン~』は、夏休み一週間の間に宮本ひかりの家庭教師となったプレーヤーが、彼女と様々なコミュニケーションを取りつつ、勉強を教えていくという筋書きのゲーム。





といっても勉強を教えるのが主眼ではなく、『VRキャラクターコミュニケーション』と名付けられた公式ジャンル名から推測できるように、彼女とのさまざまなやりとりと、その反応を見ていくのが主眼となります。



また、特定状況でアイコンとして表示されるコマンドの実行には、コントローラーではなく顔の向きで選択し、首を縦や横に振る(つまりはい/いいえのジェスチャーです)など、操作方法の面でも独特の試みが盛り込まれたタイトルです。


本作はもともと、 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)側と共同で、サードパーティにPSVRを解説するためのデモソフトとして開発されたもの。その初紹介は、2014年のプレスカンファレンスとなっています(つまりほぼ2年前です。詳細は下記記事を参照ください)。

PS4の没入型VRヘッドセットMorpheus、制服少女と過ごす『サマーレッスン』をTGS出展。鉄拳チーム開発

当時の予定では、同年の東京ゲームショウ(TGS)で一般ユーザーにも試遊の予定がありましたが、カンファレンスでの反応があまりにも大きすぎたことなどから混雑が危惧。結果としてTGSでの出展が取りやめられるという、数奇な経緯を辿っています。

しかしそうした中でも開発は進み、2015年のE3では「アメリカから旅行に来たミュージシャン『アリソン』が登場するバージョンが出展。大きな反響となりました。さらに同年TGSでは宮本ひかり(当時はまだ名前がありませんでしたが)との2ヒロインバージョンに。

もともとの映像的なインパクトに加え、こうした経緯を経て着々と完成度を向上させたことから、PSVR専用ソフトの代表格として扱われるほどになりました。

TGS 2015:PlayStation VRで「サマーレッスン」体験。本日から一般公開デイ

一方で、実は最近まで「あくまでも技術デモソフト」という扱いで、発売の予定はありませんでした。本年6月のPSVR発表時にPSVRローンチタイトルとして発売が(ようやく)決定。各種のショーで体験したユーザーと開発プロジェクトを率いる原田勝弘氏を中心に、喜びの声が上がったという次第です。こうした経緯に関しては、当時の記事を参照ください。

PlayStation VRが10月13日に発売決定。6月18日より予約開始し『サマーレッスン(仮)』など14タイトル同時発売



プレイでの特徴は、VRヘッドセットゆえの、と言ってもいい生々しさ。と聞くと単なるキャッチフレーズのようですが、VRヘッドセットならではの臨場感に加え、目線をはじめとする動きやプレーヤーに対する反応といった点に関して、細心の注意を払って作られているのがポイント。

結果として、試遊した人の多くが「『本当にそばにいるかのよう』というフレーズが納得できる瞬間がある」といった旨の感想を述べるほどの作品となっています。

なお、ユーザーからの懸案となっていた「PSVRのほうが入手できない問題」に対しても、今回のカンファレンスにて、2016年9月24日からの予約再開が発表されました。

速報:PlayStation VR(PS VR)の予約が9月24日に再開




さて、今回正式発表された情報の中で、どうしても気になるのがタイトルでしょう。タイトルに「宮本ひかり」とキャラ名が入り、あまつさえ"基本"ゲームパックという名称が付いたため、今にも他のキャラや"拡張"パックが用意されていそうな印象を受けます。



実はそうした予想はまったくもって正しいもの。理由としては、今回公開された最新プロモーションビデオでは本作を「配信第一弾」と位置づけており、早くも今後の展開が予告されているため。



予告された拡張パック(?)は4種類。1つ目は「さらに、ひと休みの愉しさを配信」との文が添えられた、部屋の中でのサイドエピソードを期待させるもの。



2つ目は「次は、外の世界へ! 真夏の青空を配信」のキャッチが付けられ、舞台も屋外へと移った映像になっています。



3つ目は「もっと、不思議なひとときも配信」と称し、喫茶店風の店舗と思われる場所の中でのやりとりが。



4つ目は「そして、夏の終わりの思い出を配信」と銘打たれており、花火大会の場面が描かれています。

加えて、紹介ビデオの末尾は「『サマーレッスン』はVRキャラの可能性を切り開くため、キャラクターとふれあえるシチュエーションの数々を開発し、今後も配信を続けてまいります」とのメッセージで締められています。

上述した4パックの配信が有料DLC(ダウンロードコンテンツ)となるのか無料となるかは不明ですが、いずれにせよ継続的に配信される計画ができており、既に『サマーレッスン』はシリーズ名となっている、と考えてよい状況となっているわけです。

試遊版で登場した(=データとしてはある程度作り込まれている)アリソンがまったく見えないことから、『サマーレッスン:アリソン』編をシチュエーション別に展開するという路線も当然考えられます。

なお、こうした展開が発表された瞬間、筆者の周辺などでは「やっぱりそう来たか」「シチュエーション別まで分けたか」といった、戸惑いながらも納得の混じった意見が。このあたりは「アイドルマスター」シリーズなどで良くも悪くもダウンロードコンテンツ販売の多かったバンダイナムコゲームズだけに、ある程度は予想通りといった感想でした。

同一シリーズで登場人物とシチュエーション別で作品が作られるとなると、アダルティな映像作品のシリーズ展開のような印象も受けますが、ともあれファンにとっては、発売前からシリーズ展開が発表されるほどバンダイナムコが本腰を入れてきた、という点は(財布へのダメージが小さいのであれば)いいニュースでしょう。



合わせてカンファレンスでは、同タイトルがPSVRタイトル群の最初に登場した点もポイント(カンファレンス公式動画では、51分20秒から52分51秒までで見られます)。こうした点などからは、SIE側も本作には大きな期待を寄せていることが伺えます。


以下余談。本作が発表された2年前、「女の子キャラと2人きり、室内で会話する」というシチューションから、歴戦の古強者ゲーマーの間では、セガサターンで発売された『ROOMMATE 井上涼子』(Googleでの画像検索結果)というタイトルを連想した人が多い状況でした(少なくとも筆者の回りでは)。

いよいよ発売という段に来て、サマーレッスンがシリーズ名の後ろにキャラクター名を付けたことで、タイトルを「寄せてくる」とは驚いた、という方はきっと多いのではないでしょうか。

ROOMMATEシリーズは初代から続く3部作が「プレーヤーの記憶に残る」作品だったことから、初代プレイステーション向けやPC向けの移植版、そして主人公を変えたシリーズなど、およそ10作を数える息の長いシリーズとなりました。サマーレッスンシリーズも、こうした記憶に残り、なおかつ息の長い作品となることを(そして願わくば、財布にも優しい作品であることを)期待したいものです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

236シェア
0
130
0
106

Sponsored Contents