Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:
Save

Windowsのペイントが異次元レベルで強化、Paint 3D発表。次期Windows 10大型更新Creators Updateで無料提供

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年10月26日, 午後11:50 in Microsoft
831シェア
0
546
0
285



特設サイト
bunner

   

 

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View
 
マイクロソフトがWindows伝統の「ペイント」アプリを異次元レベルで機能強化した「Paint 3D」を発表しました。Windows 10 Creators Updateに標準で含まれるアプリケーションで、2D画像に3Dオブジェクトを取り込み、ペイントアプリのような手軽さで加工できます。

イベントの壇上では、どうやって調べたのか「Windows標準の「ペイント」アプリは1億人以上のユーザーがいる」と紹介。そして、Windows 10 Creators Updateに含まれる新たなペイントソフト「Paint 3D」を紹介しました。

 
登壇したマイクロソフトのミーガン・サンダースは、Windowsスマートフォンで目の前に出てきた砂で作ったお城をぐるっとひと回り撮影し、それをテクスチャも貼り込んだ3DモデルとしてWindows 10 Creators Update上のPaint 3Dに取り込んで、2Dのオブジェクトと同じように自然に加工してみせました。
 


具体的にどんな動きがするかはその一端がマイクロソフトのツイートで確認できます。

3Dオブジェクトに書き込むときちんと表面に描いたようになります。たとえば3Dのスマイリーに髭を書き込んだりサングラスのオブジェクトをかぶせるときちんと球体の表面に描画されます。



Paint 3Dを使って制作した3D作品は3D画像としてFacebookに投稿できるほか、共有ギャラリー「Remix 3D」に保管が可能。他のアプリ、たとえばPowerPointにインポートして利用することもできます。
Paint 3Dは、Windows 10 Creators Updateに標準で含まれます。
(更新中)





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

831シェア
0
546
0
285

Sponsored Contents