Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

「走る未来の仕事バン」 日産e-NV200 WORKSPACe 発表。これで世界中どこでも働ける

Munenori Taniguchi
2016年10月27日, 午後05:00 in Coworking
652シェア
0
349
0
303

連載

注目記事

2018年の新型iPhone、いよいよカウントダウン?EECデータベースに新たな登録

2018年の新型iPhone、いよいよカウントダウン?EECデータベースに新たな登録

Kiyoshi Tane, 13 時間前
View
 
日産が世界戦略車 NV200バネット をベースとした走るオフィス「e-NV200 WORKSPACe」を発表しました。ニューヨークやロンドンのタクシーとしても採用された車の広い室内を魔改造し、PC、デスク、ワイヤレス充電器、オーディオ、冷蔵庫にコーヒーメーカーまでを備えます。

Gallery: Nissan e-NV200 WORKSPACe | 18 Photos

18


e-NV200 WORKSPACeをデザインしたのは英国のデザイン会社Studio Hardie。日産によれば未来のクルマならぬ未来のデスクワークを考え、世界中のどこででも仕事ができる環境を描いたとのこと。

この走る仕事場のために搭載した道具としては、まずは何よりもデスクワークの主力装備となるPC。この車ではHP製のタッチパネルPCをビルトインしており、狭い机上のマウスを動かす場所の不足をタッチ操作で補います。室内灯はスマートフォンからの操作に対応するLED照明。そのスマートフォンは揺れる車内でも床に落ちてしまわないよう、ワイヤレス充電器を仕込んだ型枠に置いて定位置化しています。

ただ仕事をするだけでは気分がのらないこともあるかもしれないため、オーディオシステムとしてBose SoundLink miniを採用。これもスマートフォン同様に転落しないよう定位置化しています。また作業に集中しているといつの間にか喉がカラカラということもよくあります。そういうときは、引出しの下に収納した冷蔵庫にある冷えたソフトドリンク、またはポップアップ式のコーヒーマシンが威力を発揮します。
 
The future of working: Nissan e-NV200 WORKSPACe is the world’s first all-electric mobile office
 
ここまで快適性を追求したとしても、やはり自動車の中というのは窮屈に感じてしまうかもしれません。もし天気が良ければ、リアドアを開放し外の空気を入れましょう。そして、引き出し式の拡張デッキに腰掛けて休憩するのも作業効率をアップするには良いかもしれません。もし仕事が終われば、ドアに掛けた折りたたみ自転車を取り出して、辺りをサイクリングすることもできます。
 
The future of working: Nissan e-NV200 WORKSPACe is the world’s first all-electric mobile office
 
ベース車両のe-NV200は、フル充電での航続距離約170km。テスラなどと比べてしまうと多少心もとないものの、日常のレジャー仕事レベルでは問題ないと言って良さそうです。また、30分で約80%まで充電することができるため、充電のための時間を利用して仕事を片付けるといった使い方もできるかもしれません。



ちなみにe-NV200 WORKSPACe はワンオフのコンセプトカーなので、未来のデスクワークを実現するための快適装備がどれくらい電力を喰うのかは考慮していません。普通に仕事をした場合、車のバッテリーが何時間持つのか、また充電ステーションで充電するのと、デスクワークで電力を消費するのはどちらが早いのかといったことは、デザインしたSrudio Hardieも把握していないとのこと。

652シェア
0
349
0
303

Sponsored Contents