Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

携帯の料金明細でおなじみ「ユニバーサルサービス料」って何? 携帯3社が来年1月に値下げ

イメージキャラクターまで存在

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2016年11月28日, 午後08:30 in smartphone
144シェア
0
144,"likes":21
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

携帯の料金明細で目にする「ユニバーサルサービス料」──NTTドコモ・au・ソフトバンクの大手3社は、この料金を2017年1月から改定すると発表しました。現行は3円(税込3.24円)ですが、これを2年(2.16円)に値下げします。

そもそも「ユニバーサルサービス料」って何?という読者も少なくないでしょう。これは、NTT東日本・西日本が提供しているユニバーサルサービス(加入電話、公衆電話、緊急通報などの国民生活に不可欠な電話サービス)を、全国のどの世帯でも公平、かつ安定的に利用できる環境を確保するために必要な費用のこと。

具体的には、NTT東西に接続する電気通信事業者等が負担金を拠出し、NTT東西に交付する仕組みです。この負担金は事業者が直接負担することもできますが、事業者の多くは利用者に転嫁しているのが現状。この負担が「ユニバーサルサービス料」で、我々が料金明細で目にするものです。

ユニバーサルサービス料は直近では2016年7月に、従来の2円から3円に値上げされていました。2017年1月からは、再び2円に戻ることになります。


なお余談にはなりますが、ユニバーサルサービス制度には総務省公認のイメージキャラクター「ユニちゃん」がいます。うさぎなのは「遠くの声がしっかり聞き取れるような長い耳 = 全国をくまなくカバーする電話の象徴」「機敏で素早い身のこなし = 緊急通報などでの頼もしい対応力の証」などを表現したということです。

広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

Coverage: 総務省
関連キーワード: au, docomo, kddi, network, smartphone, softbank
144シェア
0
144,"likes":21
0

Sponsored Contents