Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフト、ARM版Windows 10発表。Win32アプリケーションもエミュレーションで動作。Photoshopやゲームもスイスイ

RTってなんだっけ

Munenori Taniguchi
2016年12月8日, 午後03:00 in mobile
570シェア
0
388
0
182

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View
中国深セン市で開催中のWinHEC Shenzhen 2016で、マイクロソフトがARMアーキテクチャー版Windows 10を発表しました。WIndows 10 Mobile でも Windows RT でもなく、フル機能のWindows 10です。市場投入は2017年から。

ARM版Windows 10は開発パートナーとしてQualcommが協力しており、WinHECでの発表にはSnapdragon 821搭載タブレットでWindows 10を動かすデモが行われました。
Quallcommはプレスリリースにて、Snapdragonで動作するWindows 10はタブレット、ノート、デスクトップPCのWindows 10を同じアプリケーションが動作するとしています。もちろんネイティブ動作というわけではなくエミュレーションによるものですが、Universal Windows Platform(UWP)およびWin32アプリケーションが実行可能とのこと。EdgeブラウザーやAdobe Photoshopなども動画を見る限りストレスなく動作する模様です。

マイクロソフトのWindows担当役員Terry Myerson氏は「WindowsをARMエコシステムに組み入れることで、Snapdragon搭載の軽量省電力デバイスでいつでもどこでもタッチパネルやペン、Windows Helloなどを使ったクリエイティブな作業が可能になります」とコメントしています。

またQualcommは「SnadragonがWindows 10との互換性を得ることでモバイル分野でのクラウドコンピューティングをサポートし、モバイルITデバイスの使い方を革新することが期待される」としました。
 

マイクロソフトとQualcommの発表であるため、Snapdragon以外のARM互換CPU/SoCでWindows 10が快適に動作するかは言及がありません。とはいえ少なくともSnapdragon搭載のモバイル機器ではインテルアーキテクチャー版Windowsと同じことができるようになるわけで、タブレット分野ではインテル製CPU搭載のWindows 10タブレットとSnapdragon搭載のWindows 10タブレットがどう棲み分けをするのかも気になるところです。

一方、マイクロソフトはWindows 10 Mobileをディスプレイに接続してデスクトップ風に使えるContinuum機能も提供していますが、こちらはスマートフォン向けの機能として残っていくのかもしれません。
Source: Qualcomm(1), (2)
570シェア
0
388
0
182

Sponsored Contents