Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

HUAWEI Mate 9の詳細レビュー、5.9インチだけど片手で楽に持てるサイズ感(Dream Seed 山本竜也氏 寄稿)

日本でも発売予定の新スマホを徹底解説します

ハード松村(Atsushi Matsumura)
2016年12月12日, 午前11:45 in smartphone
98シェア
0
98
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View



(この記事はブロガー 山本竜也氏のDream Seedより転載したものです)

HUAWEIの最新モデル、HUAWEI Mate 9を購入したので早速レビューです。まだ1ShopmobileやExpansys、GearBestなどのECサイトには入荷していなかったので、今回はeBayでの購入です。

HUAWEIの最新フラッグシップ「HUAWEI Mate 9」

HUAWEI Mate 9は11月初めに中国で発表された端末です。
中国国内では11月中旬から発売していましたが、香港では11月30日に発表になるとのこと。
そのほか、欧州や日本での発売も予定されています。

関連:ファーウェイが5.9型の高級スマホMate 9を発表。高速SoCと第2世代2眼カメラ搭載で約8万円、日本でも発売予定

5.5インチ版のポルシェデザインや、Mate 9 Proと悩んだのですが、動画視聴やKindle用に持ち歩いているMi Maxの代わりに、しかもカメラがいいのでデジカメ代わりに持ち歩いているGalaxy S7の用途も賄えるかもということでMate 9にしてみました。

スペック

とりあえずMate 9シリーズのスペックです。
今回購入したのはMate 9のRAM4GB、ストレージ32GBモデル。
中国モデルの「MHA-AL00」です。

写真レビュー

外装はなかなか高級感がありますね。
HUAWEI P9やhonor 8とは違い、黒基調になっています。



付属品はUSB-Cケーブル、ACアダプタ、イヤホン、そしておまけのケースです。



ケースはずいぶんと立派なものですね。



正面。
雰囲気的にはP9に近いですね。
2.5Dで周辺が湾曲していますが、P9よりもRが少ない感じがします。
なお、初めから保護シートっぽいものが貼られていたのですが、これは輸送時の傷防止ようですよね?



背面。
HUAWEI P9とはだいぶイメージが違います。
微妙に湾曲していて、手になじむ形状です。

カメラ部分は若干ですが出っ張っていますね。
また、指紋センサ部分はP9同様にクリック感はありません。

ちなみにカラーは「Space Gray」です。



正面向かって右側にボリュームと電源。



左側にはSIMスロット。



SIMスロットはmicroSDと兼用です。
SIMサイズはどちらもnanoSIM。



上面には3.5mmジャックと赤外線ポート。



底面はUSB Type-Cとスピーカー。


左右ともスピーカーなわけではなく、片方はマイク穴のようです。

HUAWEI P9、P8 Max、Nexus 6との比較

せっかくなのでHUAWEI P9と並べてみました。
こうしてみると、やはり雰囲気はかなり近いです。



ただ、背面はだいぶイメージが違います。



Mate 9は5.9インチですが、6.8インチのHUAWEI P8 Maxと並べると一回り違いますね。



5.96インチのNexus 6と並べると、サイズ感はほぼ同じです。
ただ、Mate 9のほうが横幅が若干スリムです。

ベンチマーク


Mate 9に搭載されているKirin 960はグラフィック性能が180%アップとうたっていただけあって、3DMarkのスコアは大幅にアップしています。





ただ、実際にGalaxy S7 edgeと描画を比べてみると、かなりカクカクしていて、本当にこのスコアな性能があるのかはちょっと疑問です。


3DMarkのベンチマーク時のグラフを見てみると、Galaxy S7 edgeと比べてFPS(オレンジのライン)がかなり上下しているのがわかります。





実際のベンチマーク中の画面を比べると一目瞭然。



グラフィック性能についてはあまり過信しないほうがよさそうです。

スクリーンショットいろいろ

ホーム画面やプリインストールされているアプリの一覧です。








中国版なのでGoogle Playは入っていません。

4Gと3GのDSDAに対応

Mate 9はデュアルSIMですが、最近のDSDS(Dual Sim Dual Standby)ではなく、DSDA(Dual Sim Dual Active)対応となります。

何が違うかというと、3Gで通話中は4Gのデータ通信が止まります。
DSDSなら通話中もデータ通信は継続できるので、その違いですね。

カメラ機能について

第2世代に進化したダブルレンズカメラをP9やiPhone 7などと比較してみました。



外部リンク:第2世代に進化したHUAWEI Mate 9のダブルレンズカメラを検証 P9、iPhone 7、Galaxy S7と撮り比べてみた – Dream Seed

日本での発売が楽しみ

第2世代に進化したダブルレンズカメラはまだ試していませんが、今のところかなり気に入っています。 5.9インチと大型にもかかわらず片手で楽に持てますし、グラフィック性能に疑問は残りますが、動作自体はサクサクです。 最近は5.5インチや6インチオーバーな端末が多く、5.9インチ~6インチの端末がしばらく出ていなかったので、Nexus 6からの乗り変え先を探していた人にもちょうどいい端末な気がします(Nexus 6Pは5.7インチで少し小さかった)。

関連記事:ファーウェイの直営サポート拠点が銀座に。SIMフリースマホを即日修理、アフターサービス充実で売上増を目指す

関連記事:増えてきたデュアルカメラ搭載スマートフォンのまとめ(Dream Seed 山本竜也氏 寄稿)



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: dualcamera, huawei, huawei mate 9, mate9, mvno, smartphone
98シェア
0
98
0
0

Sponsored Contents