Sponsored Contents

internetの最新記事

Image credit:
Save

Facebookがひと足早く新年をお祝い。「あけおめ」投稿で花火アニメーションを表示

「あけおめ」「Happy New Year」「明けましておめでとうございます」...ほかにもある?

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年12月31日, 午後09:00 in internet
98シェア
0
98
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
 
Facebookが、タイムラインに新年の挨拶を投稿すると花火が上がる「あけおめ花火」仕様になりました。記事執筆時点でまだ12月31日ですが、「明けましておめでとうございます」などとタイムラインに投稿すれば、画面に花火のアニメーションが表示されるようになっています。

あけおめ花火のトリガーとなるのは、「あけおめ」「Happy New Year」「明けましておめでとうございます」など。これら単語は投稿した際に青色で表示され、トリガーのキーワードであることがわかるようになっています。またこのキーワードをクリックまたはタップすれば、何度でも花火を表示できます。

なお、花火はPCブラウザーでもスマートフォンアプリでも、どちらでも表示されます。またプライバシー設定を「自分のみ」にして投稿しても花火は表示されるため、大晦日からお正月にかけて何の予定もなくただひとり過ごしているようなシチュエーションでも、自分に「あけおめ」と投稿すれば、それをタップしてはささやかな花火をあげ、ひっそりとお正月気分に浸ることもできるかもしれません...。
ちなみに、新年がらみのネタとしては、スマートフォン版のGoogleマップアプリでも12月31日の初回起動時に紙吹雪のアニメーションとともに「明けましておめでとうございます」とメッセージが表示されたり、ポケモンGOの起動画面がサンタピカチュウから新年の花火の画面へと変わったりといった変化がすでにみられています。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

98シェア
0
98
0

Sponsored Contents