Sponsored Contents

wearablesの最新記事

Image credit:
Save

R-18:自称世界初のスマートコックリング『i.Con』発表。「突き」の速度や回数、消費カロリー他をSNS共有

ひなまつりの日にふさわしくないニュース

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年3月3日, 午後05:30 in wearables
911シェア
0
697
0
214

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

1999年の開業以来、40万5000人以上が利用したと謳う英国の紳士淑女向け通販サイトBritish Condomsが、世界初を自称するスマートコックリング「i.Con」を発表しました。いざパートナーとの手合わせ前をに自慢の竹光に装着すれば、試合中に繰り出した突きの回数や平均速度から消費カロリー、体温変化、胴回りのバルクアップ具合、さらにお手合わせの頻度と合計試合数までを記録します。

記録したデータはBluetooth経由でスマートフォンアプリに転送、あとから試合運びの研究に役立てられます。i.Con内のデータは、次回のセッションを開始すれば自動的にリセットされる仕組みとなっています。

また、i.Conで取得したデータはすべて「完全匿名」で友だちや世界中のi.Conユーザーと共有し、比較することが可能。匿名で友だちと共有、とはどうするのかがよくわからないものの、自分がアースランキング何位かを確認したい人には興味深い機能です。

i.Conには極小のバッテリーが内蔵されており、microUSB端子から約1時間で充電が可能。バッテリー継続時間は6~8時間とのこと。ただ、せっかくならバッテリーについては防災用懐中電灯のように、往復運動で自家発電する仕組みなども用意してほしかったところです。

i.Conの価格は59.99ポンド(約8400円)で、British Condomsにて予約受付中。i.Conは防水性能を備えるので洗えば何度でも使えます。

最近のウェアラブル市場ではPebbleがFitbitに買収されたり、そのFitbitや、Jawboneの業績悪化などが騒がれるなど、あまり良いニュースがありませんでした。そんな状況のウェアラブル界隈に、まったく新しい方向からどどめ色の光が差し込もうとしているのかもしれません。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

911シェア
0
697
0
214

Sponsored Contents