Sponsored Contents

Businessの最新記事

Image credit:
Save

「浮遊球体ドローンディスプレイ」ドコモが発表、バーサライタ応用で空飛ぶ映像広告を実現

SF感ある

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2017年4月17日, 午後06:30 in Business
295シェア
4
206
0
85

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


NTTドコモは、全方位に映像を表示しながら飛行する「浮遊球体ドローンディスプレイ」を開発しました。イベントでのダイナミックな演出や、会場を飛び回って広告を表示するアドバルーンのような使い方が可能としています。

普通にドローンの周囲を取り巻くように球状ディスプレイを搭載した場合、単純に重量が増加するだけでなく、プロペラによる空気の流れが妨げられるため、飛行するための揚力が得られないという技術的な問題がありました。

そこでNTTドコモは、映像表示に"光の残像"を活用。ドローンに固定したLEDフレームを高速回転させ、光の残像を利用することで、映像を表示する方法を採用しました。一般に"バーサライタ"とか"サークルディスプレイ"、"POV"などと呼ばれるアレをドローンに搭載したといえばわかりやすいでしょう。最大直径は88cm、重量は3.4kg。ディスプレイ解像度は縦144ピクセル、横136ピクセルです。


この浮遊球体ドローンディスプレイは、2018年の商用化を目指して2017年4月29日(土曜)から幕張メッセで開幕する「ニコニコ超会議」の「NTT ULTRA FUTURE MUSEUM 2017」に出展予定で、会場内でデモ飛行も予定しているとのこと。

しかし、ただでさえ飛行時間の短いドローンに発光しなおかつ高速回転させなければならないバーサライタを積んで、どれぐらいの時間、広告としての役割を果たせるのかは非常に気になるところです。

ドコモは現在、「ドローンプロジェクト」を推進中。LTE経由での遠隔操作など、これまでに蓄積したモバイル技術を応用したドローン開発に取り組んでいくとのこと。
 

地球儀を表示した様子


パナソニック、風船型ドローン「バルーンカム」発表。落下時の安全確保し大会場のイベント演出に活用




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: NTTドコモ
関連キーワード: Business, display, docomo, drone, drones, monitor
295シェア
4
206
0
85

Sponsored Contents