Sponsored Contents

vrの最新記事

Image credit:
Save

視線追跡VRヘッドセット FOVE、ネットカフェVRサービス VIRTUAL GATE で採用。全国112店舗でスタート

目と目で通じ合えるVR体験

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年5月31日, 午前07:05 in vr
59シェア
0
59,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

株式会社テクノブラッドが、インターネットカフェでVR体験ができるコンテンツプラットフォーム「VIRTUAL GATE(バーチャルゲート)」を発表。5月29日より112店舗でサービスをスタートしました。

インターネットカフェでのVR体験は、Gear VRを利用するVR THEATERが昨年からサービスを行っており、特に目新しいものではありません。ただし、VIRTUAL GATEは、これまで一般ではあまり利用機会のなかった視線追跡VRヘッドセット FOVEを使うのが特徴です。

進撃の巨人、攻殻機動隊のVRコンテンツをネットカフェで体験できるサービス『VR THEATER』、4月7日から開始

この視線追跡を活かし、ソードアート・オンラインのアスナを視線を合わせアイコンタクトができる「アスナと会える FOVE VRホーム」などが体験可能となっています。


▲VIRTUAL GATE公式サイト。コンテンツによっては有料のものも。

5月29日時点で利用可能なコンテンツは250本以上。FOVEの視線追跡を利用したゲームもいくつかラインナップされていますが、そのほとんどがグラビアなどの動画系コンテンツ。せっかくPCと接続するフルスペックのVRヘッドセットを使うからには、それなりのコンテンツの充実を期待したいところです。

▲現在のラインナップ。ゲーム系は7本のみで、他は動画コンテンツ。

まずは112店舗でのスタートですが、テクノブラッドは、今年度中に500店舗への導入を目標として掲げています。なお、VIRTUAL GATEは日本だけではなく、今夏に韓国でのサービスも予定されており、最終的には日韓合わせて11,800店舗、月間6,000万人が利用する世界最大のVRコンテンツプラットフォームを目指すとのことです。

VIRTUAL GATEを利用できる店舗は公式サイトを確認してください。利用にはVR機器レンタル料金の300円以外に、各店舗の利用料金も必要です。

関連:


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: fove, internetcafe, virtualgate, vr, VrHeadset
59シェア
0
59,"likes":0
0

Sponsored Contents