Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップル、macOS High Sierraのパブリックベータ配信開始。次期OSが誰でも試せます

新OSを先取りしたい方へ

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2017年6月30日, 午後12:00 in Apple
115シェア
0
37
0
78

連載

注目記事

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

View

アップルが、macOS High Sierraのパブリックベータ版を公開しました。Apple Beta Software Program に登録すれば誰でもインストールでき、大きく改善された最新OSを一足早く試せます。

MacBookとiMacが2009年以降のモデル。MacBook AirとPro、Mac miniとMac Proが2010年以降のモデルで利用できます。

今回のバージョンアップでは、機能追加というよりも、内部処理の改善に重点を置いています。例えば新ファイルシステム「APFS」によるファイル操作の速度向上や、HEVCコーデック動画への対応など。さらに「Metal for VR」としてVRヘッドセットへの対応も果たしました。

詳細はこちらの記事もご覧ください。

Macが遂にVR対応。macOS Sierraの次は『High Sierra』、APFSファイルシステム標準化など新機能多数

なおパブリックベータ版は、誰でもインストールできるとはいえあくまでバグ修正目的のベータ版。不具合が発生することもあり、アップルは導入前にバックアップを取ることを推奨しています。

115シェア
0
37
0
78

Sponsored Contents