Sponsored Contents

Mobileの最新記事

Image credit:
Save

iOS 11ベータ版から「SOS機能」みつかる。Touch ID無効化でロック解除強要を回避可能に

やっぱり砦はパスコード

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年8月18日, 午後01:30 in Mobile
66シェア
0
66
0
0

連載

注目記事

この秋にやってくるiOS 11には、Touch IDを一時的に無効化する「SOS機能」が搭載されることがわかりました。この機能はiPhoneのロックボタンを5回続けて押すと呼び出すことができ、緊急通報(米国では電話番号911)するか、Touch IDを一時的に無効化するかを選択できるとのこと。もし、Touch IDを無効化した場合は、パスコ―ドを入力するまでTouch IDによるロック解除ができなくなる仕組みです。


この機能は、米サンバーナーディーノ銃乱射事件犯が所持していたiPhoneのロック解除に協力するしないでFBIとアップルの攻防になったことを思い出させるものです。実際、発見したユーザーのツイートに対するリアクションの中には「Cop Buttonだ」という指摘があり、海外のIT系ニュースサイトはこの表現を取り上げています。



また、最近は米国に入国する際にスマートフォンやPCの内部データの開示を求められるケースも起こっています。iOS 11はこうした状況の変化への対応策としてTouch IDの無効化機能を追加したのかもしれません。米国では現状、警察による指紋認証を使ったロック解除要求は合法でも、パスコード入力の要求は認められません。このためミシガン州警察などはユーザーの指を3DプリントしてTouch IDによるロック解除を試みたりしていました。

iOS 11はまだベータ版ですが、SOS機能はすでに機能するため、ひとたび有効化すれば、パスコードを入力するまではTouch IDは機能しないことが確認できるとのこと。

なお、この秋に発表される見込みのiPhone 8(仮)には新しく顔認証機能が搭載されるともっぱらの噂であり、今年買い換えを検討しているユーザーはさらにロック解除が手軽になることが予想されています。
[Image : ymgerman/Getty]




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: The Verge
66シェア
0
66
0
0

Sponsored Contents