Sponsored Contents

Galaxyの最新記事

Image credit:
Save

発表直後のGalaxy Note 8を韓国・プサンのサムスン旗艦店でチェック。シリーズの集大成として完成された仕上がり

これは、素直に言って買いだと思います

Hideaki Kato
2017年8月24日, 午後03:00 in Galaxy
69シェア
0
69,"likes":15
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
今日の午前0時(日本時間)に米国・ニューヨークで開催されたイベント「Unpacked 2017」で満を持して発表されたサムスン電子製の新型ファブレット端末「Galaxy Note 8」。
歴代のGalaxy Noteシリーズで踏襲されてきた「S Pen」は勿論のこと、Galaxy S8やGalaxy S8+で採用されたInfinity Displayも引き続き採用しており、より洗練された、フラグシップモデルに相応しいスマートフォンとなっています。

サムスンにとっての本国である韓国では、発表から一夜が明けた本日から、早速Galaxy Note 8の実機展示が始まっています。早速筆者もプサンにある旗艦店「Samsung Digital Plaza Busan Main Branch」に足を運んでみました。実機の写真を交えて紹介します。


▲プサンにあるサムスン電子の旗艦店舗

▲4つもの什器を使用してGalaxy Note 8の展示コーナーを広く展開
▲自由に触れるように実機を多数展示している

同店は、プサン広域市内においての旗艦店舗だけあって、スマートフォンやタブレット端末のみならず、俗にいう白物家電まで、多くのラインナップを取り揃えています。
その中にあってもGalaxy Note 8は店舗入口の目の前という超一等地に、4つもの展示什器を配置した広い面積での展示。必要十分以上の実機も配置されており、自由に操作することが可能でした。

▲見た目によらず、触感がS8シリーズとは全く異なるのは驚き

Galaxy Note 8は、すでに発売されている「Galaxy S8+」をも上回る約6.3インチのQuad HD+(2960×1440ドット) Super AMOLEDディスプレイを搭載し、S8シリーズと同様にアスペクト比が18.5対9と縦長、かつベゼルの狭い「Infinite Display」を採用しています。

"Note"の名に恥じない大画面ディスプレイは、引き続きしっかりと搭載している、というわけです。

▲側面が"平ら"なことによって生まれる新たな握り心地

何より特筆しておきたいのが、その触感です。パッと見ではS8シリーズとあまり変わらないのでは?と言った印象を受ける外観ですが、触感は外観からは打って変わって、その握り心地はS8シリーズとは全くと言っても良いほど異なっているのです。

この感触違いに影響している点が、側面の形状です。S8シリーズの側面にある金属フレームは、丸みを帯びたデザインを採用しています。Galaxy S8とS8+の双方を所有する筆者としては「大画面ディスプレイに対しては、丸みを帯びた側面は握り心地が悪くなり逆効果になるのでは」といった感想を持っていました。

しかし、今回Note 8の側面に採用された金属素材の形状は、ほとんどと言って良いほど丸みを帯びておらず、ほぼ平らと言っていいほどです。

これによって本体に角が生まれるため、大画面ディスプレイを搭載することによって生じてきた「持ちにくさ」の問題を軽減しているのです。また、この平らな側面によって、手のひらに乗せてみると、まるで一枚の金属板を持ってるかのような不思議な感覚に見舞われます。非常に面白い印象を受けるところです。

▲シリーズ初となるデュアルカメラを搭載。側面には指紋認証センサも
▲広角レンズの作例
▲望遠レンズの作例。撮影位置は広角レンズの作例と同じです

背面はGalaxy S8シリーズでもおなじみの光沢のある素材を使用。画面上部には広角レンズと望遠レンズによるデュアルカメラをシリーズで初採用しています。

広角側はF1.7、約1200万画素のカメラモジュールを搭載しており、デュアルピクセルAFにも対応します。望遠側はF2.4、約1200万画素のカメラモジュールを搭載します。なお、両モジュール共に光学手ブレ補正機能が備わっている点も特徴。

指紋認証センサーは、デュアルカメラモジュールの隣に配置されています。以前のS8シリーズから指紋認証センサーの配置については賛否両論の議論となっていましたが、残念ながらこの配置までもが踏襲されてしまいました。

さらにS8シリーズよりも画面が更に大きいことから、指紋認証センサの配置も更に上に移動しています。これによって、更に使いにくくなってしまったといった印象です。筆者的としてはこの位置であれば、指紋認証機能はまず使わないでしょう。

正直、虹彩認証で充分な精度・速度でロック解除することができるので、サムスン的にもあまり指紋認証を重視していないような印象も受ける配置です。
▲韓国でのカラーバリエーションは3色展開となっている

Galaxy Note 8のカラーバリエーションは、「Midnight Black」、「Orchid Gray」、「Maple Gold」そして新色となる「Deep Sea Blue」の4色がラインナップされています。韓国市場ではこのうち、Maple Goldを除いた3色が発売されます。

▲展示されていたデモ機の仕様。日本語表記も既にしっかりとしたもの
▲韓国版Galaxy Note 8のスペック表

Galaxy Note 8では、全てのモデルに対してシリーズ初となる6GBのメモリを搭載。マルチタスク機能が充実しているGalaxyシリーズユーザーにとっては嬉しいスペックアップです。

CPUは投入市場によってSnapdragon 835あるいはExynos 8895プロサッサのどちらかが搭載されます。ストレージも、投入される市場によって異なっており、64GB/128GB/256GBモデルの3種が用意されます。韓国市場においては64GBモデルと256GBモデルが投入される模様です。

さて、気になる発売日ですが、店員の話によれば、韓国向けには9月7日から14日にかけて事前予約が可能で、正式な発売は9月21日になるとのことです。日本でも早期の発売を期待したいところです。

▲Noteシリーズおなじみの「エアコマンド」も引き続き搭載
▲写真やスクリーンショットの上からすぐにメモが取れるのがNoteシリーズの醍醐味だ
▲S Penをホバリングさせることでちょっとした翻訳機能も使用可能
▲Galaxy Note 8から搭載された新機能「ライブメッセージ」

Galaxy Noteシリーズの代名詞と言ってしまっても過言ではないスタイラスペン「S Pen」。4096段階の筆圧検知に対応し、スキャンレートも360Hzと高速です。

実は、日本発売前に発火騒動で話題を持っていかれてしまったGalaxy Note 7や、その改修品であるGalaxy Note FE(Fan Edition)でも、4096段階の筆圧検知に対応していました。今回のNote 8でもこのノウハウがしっかりと継承されていると言ってよいでしょう。

むしろペン入力を使って気になったのは、Infinity Displayを採用したことにより、アスペクト比が前モデルから変更された点。これにより、作業領域という意味での使い勝手は、過去のモデルとは大きく変わってくるでしょう。

またペン入力関連で見逃せないのが、Galaxy Note 8からの新機能として「ライブメッセージ」が追加されたこと。領域に絵を書くと、その筆跡ごと相手に送信することができるという内容の機能です。実用性はさておき、ネタとして面白い機能なので、ぜひとも活用したいところですね。

▲デスクトップの様な環境を構築できる「Samsung DeX」

Galaxy Note 8は、Galaxy S8シリーズでも対応していた拡張デバイス「Samsung DeX」にも勿論対応。スタンドとドッキングすることによって、まるでデスクトップのパソコンを使用しているかのようなアプリのウィンドウ表示と仮想デスクトップの使用が可能です。

残念ながら、現時点での日本市場での発売はアナウンスされていませんが、今後の展開に期待したいところです。

▲名誉挽回には持って来いな完成度。日本投入が待ち遠しい

前機種「Galaxy Note 7」の騒動から約1年。とくにGalaxyシリーズのイメージが薄いライトユーザーにとっては「Galaxy = 爆発」と言った印象がまだまだ抜け切れていないのが現状です。

そんな中で満を持して発表したGalaxy Note 8は、シリーズの要である「S Pen」の踏襲・高機能化とS8シリーズの特徴である「Infinity Display」の両方を兼ね備えた、まさしく「サムスンらしさ全部入り」な一台と呼べる完成度です。
筆者としてはとにかく、発売日が今から楽しみでなりません。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

69シェア
0
69,"likes":15
0

Sponsored Contents