Sponsored Contents

sonyの最新記事

Image credit:
Save

ソニー初のスマートスピーカー「LF-S50G」はGoogleアシスタント搭載、約2万円で秋発売

ソニーも参入

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2017年8月31日, 午後11:00 in sony
217シェア
0
161
0
56

連載

注目記事

人気記事

「IQOS使用による周囲の人への悪影響はなし」とフィリップ・モリスが発表

「IQOS使用による周囲の人への悪影響はなし」とフィリップ・モリスが発表

View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

ソニーは、同社初のスマートスピーカー「LF-S50G」を発表しました。Googleアシスタントを搭載し、「OK Google」コマンドを使って天気予報や交通情報など、さまざまなな情報を入手することができます。

LF-S50Gは、Googleアシスタントを搭載したBluetooth / Wi-Fi / NFC対応スマートスピーカーです。「OK Google」コマンドを起点とする音声コントロールにより音楽を再生したり、ニュースや天気予報などといった情報を入手可能。また、ソニーの照明などといったIoTデバイスの操作も可能です。

スピーカーは、部屋のどこに置いても360°に広がるサウンドが特色。さらに、音量や曲送りを、スピーカーに直接触れずに手をかざすだけで操作できる「ジェスチャーコントロール」に対応。Chromecastも内蔵しており、お気に入りの音楽を簡単にキャストできます。キッチンなどに置くことも想定した生活防水のIPX3防滴性能にも対応します。

このLF-S50Gは米国・イギリス・ドイツ・フランスで10月以降発売予定、価格は約200ドル(約2万2000円)程度とのこと。国内発売については発表されていません。

関連:
関連キーワード: ifa2017, ifo2017, ipa2017, smartspeaker, sony
217シェア
0
161
0
56

Sponsored Contents