Sponsored Contents

RICOHの最新記事

Image credit:
Save

「THETA Sより一目瞭然で綺麗」--リコーTHETA V発表。4K動画&空間録音、水中ケースも

9月下旬発売、価格は税別5万円台前半

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2017年9月1日, 午前10:00 in RICOH
321シェア
0
189
0
132

連載

注目記事


リコーは、360度カメラ THETAシリーズの最上位モデル「RICOH THETA V」を発表しました。日本では9月30日発売予定、価格は税別5万円台前半。

4K動画撮影&空間音声記録に対応

RICOH THETA Vは、THETA Sの後継に当たる最上位360°カメラです。


THETA Sからの強化点としては、まず4K(3820 x 1920)30fpsの動画撮影に対応。ファイル形式はH264に加え、圧縮率の高いH.265にも新たに対応します。なお、専用アプリでの記録はH264のみ。H265はAPIの公開による将来的なアプリ連携を見据えた仕様となります。

さらに4K 30fps 360°映像のライブストリーミングにも対応しました。

さらに、本体に4つのマイク(4chマイク)を新搭載。水平方向だけでなく、上下方向も含めた360°全方位の空間音声を記録できます。同時発売予定の専用アクセサリー「3Dマイクロフォン TA-01」を使えば、低域から広域まで、情報量の多い自然な音を収録できるといいます。

ジャイロ搭載で手ブレ軽減、5GHz帯Wi-Fiにも対応

手ブレ補正も強化しました。従来の加速度センサーに加えて、ジャイロセンサーを新搭載。撮影時にTHETAが少し傾いても、天頂補正して水平に仕立ててくれるといいます。

静止画の撮影性能も向上。シャッタースピードは従来の最大1/6400秒から最大1/2万5000秒に高速化。ISO感度も従来の1600から3200まで向上しました。AE性能も改善し、明るい場面でも白飛びしにくくなったといいます。さらにホワイトバランスの改良で、従来緑がかっていた絵が、自然な色合いに改善したといいます。

Wi-Fiは新たに5GHz帯に対応。従来の2.4GHz帯に比べて通信速度が2.4倍(公称)に向上しています。また、Bluetoothに対応し、スマートフォンとの常時Bluetoothペアリングが可能に。これにより、スマホがスリープ状態でも、スマホからの位置情報が常にTHETAで撮影した画像に付くようになります。また、BluetoothとWi-Fi同時接続により、通信速度を向上させる機能も。

Wi-Fiのクライアントモードにも対応予定。例えば家に帰宅すると、自動で家のWi-Fiに繋がるようになりました。このため、他のIoT機器との連携も可能になるとアピールします。

30m防水のハウジングも

さらに、THETAシリーズ初となる水中ハウジングも別売りで用意。屈折率は水中に適合させているものの、陸上でも違和感なく撮影できるように調整したといいます。価格は税別2万円台。



「水中ハウジングを装着した状態で、陸上の波打ち際とかで使っても、スティッチに違和感のない自然なシーンが撮影できます。都会のようにごちゃごちゃした景色では(スティッチが)合いませんが、水中でしか使えないとかえって利便性を損ねてしまうので、水中にほどほどに屈折率を合わせています」(担当者)






さらにユニークなのが、THETAをWiiリモコンのように使える機能。THETAからワイヤレスディスプレイアダプタ経由でモニタに画面出力した際、THETA V内蔵の加速度&ジャイロセンサーを用いて、Wiiリモコンのように画像を選択したりできるといいます。

「THETA Sとは全く違います」と担当者

4K動画に対応し、より精細感のある360°映像を撮影できるようになった本機種。RICOHのTHETAのアプリ企画担当の高田雅人氏は「THETA Sとは全く違います。一目瞭然で綺麗です」と自信を示します(作例はYouTubeに公開中


THETA Vの画質に自信を示すRICOHの高田氏



なお360°カメラ市場を巡っては、サムスン電子もGear 360で参入を果たしたほか、8月末には映画「マトリックス」のような映像が撮れると話題の「Insta360 ONE」も登場。各社がユニークな製品を続々と投入しており、競争が激化しています。

321シェア
0
189
0
132

Sponsored Contents