Sponsored Contents

Transportationの最新記事

Image credit:
Save

SpaceX/テスラ作のHyperloop「加速用ポッド」、355km/h出し学生記録をあっさり抜き去る

どないやねん

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年9月2日, 午後05:00 in Transportation
168シェア
0
101
0
67

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View
8月27日、ミュンヘン工科大学が時速324kmを記録して優勝したSpaceXのHyperloopポッド設計コンペティション。しかしその4日後の8月31日、学生たちが作ったポッドの初期加速用として使われたSpaceX/テスラ製作の"プッシャー"ポッドが単体走行実験を実施し、あっさりと最高時速355 kmを記録してしまいました。

イーロン・マスクCEOは「いくつか微調整をすれば、来月(9月)には310mph(時速約500km)は達成できるだろう」とこともなげにInstagramに投稿しています。

これまでマスク氏は何か新しいことを始めるとき、たとえばFalconの第1段ブースターの着陸試験、またFalcon Heavyの軌道投入などでは、その第1歩については消極的な予測を示してきました。それが、今回はこの自信。イーロン・マスク氏がこれほどの自信をのぞかせるからには、そこに何らかの確信があるのかもしれません。

イーロン・マスク氏はコンペの際にも学生チームたちの記録を見て「将来的に音速に到達できないはずがない」と語っており、まだまだ開発の余地があると考えている模様です。

もし、将来的にマスク氏がSpaceXもしくはThe Boring Company(またはその他の企業)でHyperloop事業を手にするならば、将来のニュースはさらにマスク氏の話題だらけになりそうです。



Hyperloopポッド開発コンペ、時速324kmでミュンヘン工科大学が優勝。イーロン・マスク「音速も夢じゃない」





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

168シェア
0
101
0
67

Sponsored Contents