Sponsored Contents

gamingの最新記事

Image credit:
Save

ミニスーファミでプリインストール以外のゲームを遊ぶハッキングツールがリリース。「75%以上のソフトが動作」

違法に使わないこと

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年10月10日, 午後04:30 in gaming
229シェア
0
229
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
ロシアのハッカーAlexey 'Cluster' Avdyukhinが、発売されたばかりのニンテンドークラシックミニスーパーファミコン(ミニスーファミ)の海外版SNES Classic Editionで動作するハッキングツールhakchi2 v2.20を公開しました。

hakchi2はもともとNES Classin Edition(ミニファミコン)でプリインストールされたゲーム以外のROMを動作させるツールですが、SNES Classin Editionのハード構成がほとんどミニファミコンと同じであるため、簡単に動作させられたとのこと。このツールを使えば、SNES用ソフト全体の75%にあたるROMファイルの数々が、この小さなゲーム機上で動作するようになります。

もちろん、オリジナルのゲームカートリッジを所有していて、なおかつ自身でそれをROM変換したものを使うのでなければ、違法とされる可能性があることは忘れてはいけません。しかしそれでもプリインストールされていないゲームを任天堂純正のハードで動作させられるというのは、貴重なことなのかもしれません。

任天堂はこの手の著作権侵害に関しては非常に敏感なことで知られています。しかし、現在は合法的に過去のゲーム作品を楽しむ方法がないため、海外のサイトなどは、このハッキングツールに対しては任天堂が目をつぶるだろうという楽観的観測を示しています。ただ、もしもあまりに多くのユーザーがこのツールを使うようなことになれば、やはり何らかの措置を講じそうではあります。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

229シェア
0
229
0
0

Sponsored Contents