Sponsored Contents

wearablesの最新記事

Image credit:
Save

Apple Watchを25ドルで提供するプログラムを米生命保険会社が発表。条件はワークアウトで健康向上をはかること

好成績なら生命保険料の割引も

Munenori Taniguchi
2017年10月24日, 午後02:00 in wearables
243シェア
0
177
0
66

連載

注目記事

人気記事

Note8なら絵心がなくてもイラストが描ける! 必ず上達するSペンイラスト指南

Note8なら絵心がなくてもイラストが描ける! 必ず上達するSペンイラスト指南

View
米John Hancook生命保険会社が、顧客にApple Watch Series 3を25ドルで提供するVitality Programを発表しました。この保険は契約者が健康的な生活を送る(ことで将来に渡って契約を継続する)ため、Apple Watchを活用してもらおうというもの。
 

つまり、このプログラムを継続するには契約者はワークアウトをこなして「Active Point」を獲得していかなければなりません。契約者は契約時に初期費用25ドルでApple Watch Series 3を受け取り、そこから2年間は1かヶ月あたり500ポイントの獲得が求められます。

しかも、この獲得ポイントに応じて、すでに契約している生命保険の料金にも一定の割引が適用されるとのこと。日頃運動不足を感じている人ならば、Apple Watchを格安で入手して体質改善をはかり、成果が出れば金銭的にも助かるという一石三鳥なプログラムといえるかもしれません。

なお、AndroidユーザーやApple Watchでなくても良い人にはFitbitのアクティビティトラッカーを無料で支給するとのこと。

ただし、もし獲得ポイントが規定に満たない場合は、Apple Watchの割引額が減らされ、追加の支払いが発生するのはこのプログラムの怖いところ。ただ、それもまたモチベーション維持には良い刺激となるはずです。

気になるのは、John Hancook側がこのプログラムにおいてApple Watchのアクティビティ状況を常時監視しているわけではないということ。また、契約者が不測の事故に遭った場合、何か大病を患ってしまった場合、女性の場合は妊娠した場合などはワークアウトどころではなくなってしまう可能性も考えられます。そういう意味では、このプログラムは比較的生活に余裕と安定性があって、もともと健康な人が今後も健康に暮らすために提供されるものなのかもしれません。

243シェア
0
177
0
66

Sponsored Contents