Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:
Save

iOS11で「隠れギガ食い虫」を退治。アプリの自動更新をWi-Fi時のみに設定しよう:iPhone Tips

自動更新を有効にしつつギガの減りも防げる、いいとこ取りの設定です

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2017年10月31日, 午前11:00 in iphone tips
383シェア
0
142
0
241

連載

注目記事

人気記事

全米の高校でeSportsが正式に採択、今秋から最低15州でスタート。ただし「銃を撃つゲーム」は除外

全米の高校でeSportsが正式に採択、今秋から最低15州でスタート。ただし「銃を撃つゲーム」は除外

Kiyoshi Tane, 12 時間前
View

月末になると、多くのiPhoneユーザーが悩みの種の一つになるであろう、モバイル回線のデータ通信量。本連載でも削減するための技を多く紹介してきました。

こうしたユーザーの声を受けてiOS 11では、容量削減に向けた機能が搭載されました。中でも効果的なのが、アプリのバックグラウンド更新をWi-Fi接続時のみに設定できる点。アプリの自動更新を切ることなく、あの「知らずにモバイル回線で更新が掛かり、ギガが減っている」現象を防げるのです。

メッセージ系など、即座に更新が必要なタイプのアプリはモバイルデータ通信でも更新を有効にしておいたほうが良い場合もありますが、とくにデータ通信を使い過ぎたなと思った場合などは設定を変更し、こまめにデータ通信量を節約しましょう。

Gallery: アプリのバックグラウンド更新をWi-Fi接続時に限定しよう | 3 Photos

3

アプリのバックグラウンド更新をWi-Fiのみに設定

設定自体は比較的簡単です。
まずは「設定」を開き、「一般」をタップ。次に、「Appのバックグラウンド更新」をタップしましょう。すると、「Appのバックグラウンド更新」という項目が表示されます。これをタップし、次の画面で「Wi-Fi」を選択すると、バックグラウンドの更新をWi-Fi接続時のみに限定できます。


▲「設定」を開き、「一般」 「Appのバックグラウンド更新」の順にタップ(左)。「Appのバックグラウンド更新」をタップする(右)


▲「Wi-Fi」をタップしてチェックを入れる。これで設定は完了だ

iOS 10にも「Appのバックグラウンド更新」の項目はありますが、はオン/オフを切り替えるスイッチが設置されているだけ。そのため、バックグラウンドの更新をWi-Fi接続時のみに限定する場合は、Wi-Fiに接続したらスイッチを自分でオンにする必要があり、手間が掛かっていました。

しかし、iOS 11ならその作業を自動で行ってくれるので、手間をかけずにデータ通信量を節約できるというわけです。

このTipsは、モバイルデータ通信量の削減をしつつ、バックグラウンド更新はオンのままですむという、通信量と安全性のバランスに優れた設定となります。頻繁に、また緊急性の高いメッセージを受け取る方などは、モバイルデータ通信も併用したほうが即時性で有利です。しかしそうでない場合やよく使うWi-Fi回線がある場合は、意図しないギガの減少を防ぐためにも、普段からに有効にしておくのがよいでしょう。

関連キーワード: ios 11, iphone, iphone tips, iphone8, iphone8plus, iphonex, tips
383シェア
0
142
0
241

Sponsored Contents