Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Google、AirDrop似のファイル共有機能を持つ「Files Go」をテスト中

これがあればAndroid Beamに頼らなくても……

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年11月8日, 午後04:00 in google
160シェア
0
76
0
84

連載

注目記事

人気記事

全米の高校でeSportsが正式に採択、今秋から最低15州でスタート。ただし「銃を撃つゲーム」は除外

全米の高校でeSportsが正式に採択、今秋から最低15州でスタート。ただし「銃を撃つゲーム」は除外

Kiyoshi Tane, 12 時間前
View

Googleは新興国向けに動作が軽く、データ通信も抑えたGoogle検索の軽量版「Search Lite」やAndroidそのものを軽量化し、低スペック端末でも快適に動作するAndroid Goなどを開発していますが、次のターゲットはストレージ管理サービスになるようです。

9to5Googleによると、Googleは「Files Go」アプリを新興国向けにテストしているようです。早期アクセスプログラム、つまりクローズドベータで提供されているため、大多数の人はGoogle Playからはダウンロードできません。

9to5Googleが掲載しているスクリーンシットを見ると、アプリのキャッシュ削除などによるストレージ容量の解放や、画像や動画を含む各種のファイルの一元管理が行えるようです。

また、ネットワークが不安定な新興国向けということもあり、インターネットを介さずにファイルのやり取りが可能な機能も含まれています。AppleがiOSやMacで利用できるAirDropと同様の仕組みです。



アプリはGoogle Playからダウンロードすることができませんが、APKMirrorに登録済み。試しにインストールしてみたところ、ファイル転送のセッションの確立はBluetoothで行い、転送そのものはWi-Fiで行われました(受信側が送信側にWiFiダイレクトで接続)。この辺りの仕組みもAirDropと同じです(なお、APKMirrorはあくまでも野良アプリなので、試される場合はリスクがある点をご留意ください)。

送信側、受信側ともにFiles Goをインストールしていなければならないのが、OS標準のAirDropとは違う点ですが、今後Android Goに組み込まれる可能性もありそうです。

Files Goが新興国以外でも利用可能になるのかはわかりませんが、使えれば便利な機能だけに今後の展開に期待したいところです。


Source: 9to5Google
関連キーワード: AirDrop, android, filesgo, google, internet, mobile
160シェア
0
76
0
84

Sponsored Contents