Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

2018年のiPhoneにはアップル独自開発の電源管理チップが投入? 低消費電力と高パフォーマンスを実現か

アップルと契約してる企業も大変ですね

Kiyoshi Tane
2017年12月2日, 午後04:00 in Apple
194シェア
0
137
0
57

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

アップルが早ければ2018年にiPhone向けに独自開発した電源管理チップを製造するとの観測を、Nikkei Asian Reviewが報じています。

現在のiPhone向け電源管理チップは台湾の大手サプライヤーDialog Semiconductorが製造を担当。このニュースを受けて、Dialog社の欧州での株価は19%下落したと伝えられています。

iPhoneの電源管理チップは充電機能やバッテリーの管理、エネルギー消費を制御するもの。Nikkei Asian Reviewの匿名情報筋によれば、来年からこの半分を独自開発チップに置き換えるとのこと。

もっとも、もう一人の情報筋はスケジュールはそれほど確かではなく、2019年まで遅れる可能性があるとしています。

独自開発チップは「業界で最も進歩したものになる」とのこと。各コンポーネントの動作を効率よく監視かつ制御し、低諸費電力でより優れたパフォーマンスを実現するだろうと予測されています。

アップルはサムスンやファーウェイなど他社製品との差別化を図るべく、iPhoneなど自社デバイスのパーツを独自開発チップに置き換える動きを進めています。自社開発のチップ同士は相性が良い上に、チップの供給元の動向にも左右されにくいといったメリットもあるため。

iPhone 8シリーズやiPhone Xにも独自開発のGPUが採用。その反面、2017年3月にはiPhoneのGPU技術を提供してきた英Imagination Technologiesに2年以内の契約終了が通告されたと報じられました。収入の大きな部分をアップルからのライセンス料が占めていた同社の株価は、3月31日(金)の終値268.75ポンドから4月3日(月)には一時84ポンドへと、約70%も暴落したこともあります。

アップル製品のパフォーマンスが向上するのはユーザーにとって歓迎ですが、独自開発チップへの置き換えは「どこかの企業が契約を打ち切られる」ということ。アップルの影響力の大きさが改めて思い知らされた形です。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: apple, battery, iphone, smartphone
194シェア
0
137
0
57

Sponsored Contents