Sponsored Contents

iotの最新記事

Image credit:
Save

キットカット販売機、12月からオフィスへ。Sigfox通信で発注する「キットカット たのめるくん」 開発

会社にあったらこっそり連打したいw

津田啓夢(Hiromu Tsuda), @boobyn
2017年12月6日, 午後04:00 in Iot
144シェア
0
83
0
61

連載

注目記事

人気記事

ティム・クックCEO、MacとiPadの統合は「一部のユーザーがこだわっているだけ」と否定的なコメント

ティム・クックCEO、MacとiPadの統合は「一部のユーザーがこだわっているだけ」と否定的なコメント

Kiyoshi Tane, 12 時間前
View


あらゆるものに通信が盛り込まれるIoTの時代は、キットカットだってIoTで簡単発注できちゃいます。京セラ系のKCCSモバイルエンジニアリング(KCME)とACCESSは、Sigfoxを使ったオフィス向けキットカット発注システム「キットカット たのめるくん」を開発しました。ネスレ日本は12月中旬からネスカフェアンバサダー向けに提供を開始します。



低消費電力で広域エリアに通信網を作るLPWA網(Low Power Wide Area Network、LPWAN)。センシング機器を中心としたIoTのうねりをより大きなものにする通信技術といえます。

そうし技術のいくつかあるIoT向けの通信規格の1つがSigfoxで。免許不要で100bps程度の通信が可能で、国内では京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が唯一の提供会社となっています。Sigfoxはパートナー企業同士で扱う規格であるのに対し、同じくLPWANのLoRaはオープンな規格。



「キットカット たのめるくん」はSigfox対応のボタンデバイスで、オフィス内のキットカットが少なくなった際に押すと、自動的に発注できるというもの。いわばキットカット専用Amazon Dashボタンといったところ。

今回のシステムで採用するSigfoxの通信デバイスは、温度センサーや加速度センサーなども搭載された一体型端末。ただし「キットカット たのめるくん」では発注ボタンとしてのみ機能しています。




KCMEの担当者によると、ネスレ日本がSigfoxを評価したのは、通信環境を用意することなく安価に提供できる点だったそう。ネスレでは2018年末までに1万オフィスでの導入を見込んでいます。



Source: リリース
関連キーワード: iot, kccs, kcme, kitkat, LPWA, nestle, sigfox
144シェア
0
83
0
61

Sponsored Contents