Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

【動画】Blue Origin Crew Capsuleの初打ち上げを宇宙船内から視聴。遠ざかる地面、無重力状態から帰還まで

乗員の名はDummy Skywalker

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年12月15日, 午後03:30 in Blue2D2
83シェア
0
83,"likes":31
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View
米AmazonCEOのジェフ・ベゾスの民間宇宙企業Blue Originが、宇宙船Crew Capsule 2.0の初の飛行試験に成功、その様子を動画で公開しました。Blue Originは高度100kmのカーマン・ラインを超えた宇宙空間へ乗客を乗せて運ぶ、宇宙旅客サービスを目指しています。

Crew Capsule 2.0は「宇宙で最大サイズの窓」を備えるところが自慢の宇宙船。大きさはおよそ73x110cmもあり、搭乗員が座るシートから見れば、新幹線の車窓のように外の景色が眺められそうです。

Blue Originの目標は、この宇宙船に6名の乗客を乗せ、国際航空連盟の定める高度100kmの"カーマンライン"を超えた宇宙空間へと打ち上げ、そして着陸させる商業宇宙旅行の実現。

初飛行では、この宇宙船をロケットで高度98.2kmまで打ち上げ、そして無事に地上へ着陸させることに成功しました。打ち上げから着陸までを収めた11分間の動画では、打ち上げから大地が下へと遠ざかり、次第に空が暗い宇宙空間へと変化、さらに小さな塵や埃が漂いだす無重力状態の様子が見られます。

そして、実際の宇宙旅行がどのようなものになるかも、この動画を通してみれば、確認することができます。Blue Originは2019年には有人での宇宙飛行を成功させたいとしています。


なお、ジェフ・ベゾスCEOによれば、実際の宇宙旅行では搭乗客がシートから離れ、無重力状態を楽しむ経験ができるだろうとのこと。また、地上の着陸パッド上では、Blue2D2なるロボットの出迎えを受けられるとのこと。






広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

83シェア
0
83,"likes":31
0

Sponsored Contents