Sponsored Contents

gamingの最新記事

Image credit:
Save

ゲーセンや喫茶店のアレを再現、フルHDテーブル筐体発売。レトロゲーム互換機内蔵やWindows、PS3対応機など3モデル

アイスコーヒーと積み硬貨を準備してゼビウスに挑みたい

津田啓夢(Hiromu Tsuda), @boobyn
2017年12月22日, 午後06:05 in Gaming
263シェア
0
263
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View


いっとくは、22インチのフルHDディスプレイを搭載したテーブル筐体の販売を開始しました。レトロゲーム互換機「レトロフリーク」内蔵モデルや、Windows PC接続対応モデル、PS3接続対応モデルなど3製品をラインナップし、価格は17万円台後半〜。

レトロフリークは、ファミコンやスーパーファミコン、ゲームボーイ、メガドライブ、PCエンジンなどに対応し、昔のカセットがそのまま使えるゲーム互換機。今回唯一の内蔵モデルはそのレトロフリークを内蔵したテーブル筐体です。



テーブル面にはシャープ製の業務用22インチ、フルHDモニターを搭載。ワイド画面でもオリジナルのアスペクト比でもプレイ可能。ジョイスティック+6ボタン配列で、スピーカーを内蔵。ヘッドフォン端子も用意されています。

また、ゲーセン感覚で楽しめる、業務用コインシューターも搭載しています。100円硬貨を入れるとスタートボタンが反応し、硬貨は鍵付きのボックスに貯まります。大きさは860 x 560 x 600mm。








「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: gaming, retrofreak, RetroGaming
263シェア
0
263
0
0

Sponsored Contents