Sponsored Contents

fujitsuの最新記事

Image credit:
Save

IoTなわとび、全国の小学校へ。富士通がなわとびセンシングサービス発表、身体能力養う

めざせ、にゃんこスター(違)

津田啓夢(Hiromu Tsuda), @boobyn
2017年12月22日, 午後05:00 in Fujitsu
110シェア
0
52
0
58

連載

注目記事

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

iOS 11.4でバッテリーが異常に消耗?対策は「Wi-Fiを切る」「5GHzから2.4GHzに切り替える」との声も

View


まさかとは思いますがひょっとして、にゃんこスター効果でしょうか? 富士通がIoTなわとびを全国の自治体や学校機関に売り込むと発表しました。

「なわとびセンシングサービス」では、自動を対象になわとび測定授業と測定結果を踏まえた振り返り授業のセットを2回実施し、振り返り授業の中で改善を指導することで、自発的な運動につなげます。

特別ななわとびを用意するのではなく、加速度やジャイロといった各モーションセンサーを専用ベルトで装着します。児童のなわとびを計測、跳んでいる間に取得した成功/失敗回数、リズムや跳ぶバランスなどをクラウド側で分析します。



なお、学校の振り返り授業では富士通の専門員が分析結果を説明。教員と児童はなわとびにおいて意識すべきポイントを適切に把握できるとしています。

富士通によると、幼児や小学生は運動の巧みさの発達にもっとも適した時期で、運動にはリズムやバランスといった気づきにくい要素が関係するため、身体の動かし方の養成がその後の能力向上につながるそうです。同社は2020年度末までに、全国の小学校500校での導入を目指す考え。

Source: 富士通
関連キーワード: fujitsu, IoT
110シェア
0
52
0
58

Sponsored Contents