Sponsored Contents

Spaceの最新記事

Image credit:
Save

ロシア、宇宙ステーションにホテル開業を計画中。週45億円より、オプションで宇宙遊泳も

ISS運用終了までの期間限定?

Munenori Taniguchi
2017年12月26日, 午後05:15 in Space
264シェア
0
212
0
52

連載

注目記事

人気記事

「IQOS使用による周囲の人への悪影響はなし」とフィリップ・モリスが発表

「IQOS使用による周囲の人への悪影響はなし」とフィリップ・モリスが発表

View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

ロシアの宇宙機関Roscosmosが、国際宇宙ステーション(ISS)に「高級ホテル」の建設計画を検討しています。ISSへの発着便の関係で滞在期間は週単位で設定され、宿泊料は1~2週間でおよそ4000万ドル(約45億円)から。オプション(2000万ドル、約23億円)で、宇宙遊泳体験コースも用意されるかもしれません。

計画によれば、ホテルとなるISSモジュールはロシアの宇宙企業RKK Energiaが手がけることになっています。現在は発電設備とラボラトリーを備える1基目のモジュールが政府資金によって建造中ですが、2基目については予算がついていないとのこと。

ホテルとなる2基目のモジュール内には寝室が4つ用意され、各部屋には大きさ9インチの窓が設置されます。また2つの医療衛生設備と、ラウンジも備える予定。ラウンジには16インチの窓がつき、巨大な地球や月の姿を楽しめます。

このような計画が出てきたのには、米国でボーイングおよびSpaceXによる飛行士輸送の開始後も、ソユーズの切符を買い求める顧客を確保するため。ただ、まずはホテルとなるモジュールの予算が必要となります。少しでも早くホテルを完成させたいならば、事前に予約金として400万ドル(約4億5000万円)を収められる宿泊客が12人必要とされます。

そして2022年に(予定どおり)ホテルが開業できたならば、年間6人の宿泊客を確保すれば、ISSが運用を終了する2028年までの7年間で建設費用をペイできます。

いずれにせよ、本気でホテルを運用しようというのであれば残された時間はあと僅か。いますぐにでも客探しと建造を開始しなければ、すぐにも時間的に手遅れになってしまいます。ただ、ロシアには自国の宇宙ステーション ミール を長年運用した実績もあります。素人考えではあるものの、退役するISSそのものをロシアかどこかの企業が買い取って整備し、本格的に宇宙ホテル化すればいいのではと思えなくもありません。

関連キーワード: gear, hotel, ISS, roscosmos, russia, Space
264シェア
0
212
0
52

Sponsored Contents