Sponsored Contents

4kの最新記事

Image credit:
Save

LGの24型4Kモニタが年末特価。税込3万5000円以下でIPSパネル+HDMI 2.0モデルを販売中

Amazonは在庫あり。年始めに合わせて4K環境で、というのもオツでは

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2017年12月27日, 午後10:00 in 4K
239シェア
0
158
0
81

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 23 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 23 時間前
View
Web版Gmailがリニューアル。時限式で「消えるメール」など機密性も大幅アップ

Web版Gmailがリニューアル。時限式で「消えるメール」など機密性も大幅アップ

Kiyoshi Tane, 1 時間前
View

LGエレクトロニクスの23.8インチ4Kディスプレイ『24UD58-B』が、大手通販サイトにてセール中です。
Amazonでは、在庫ありの状態で3万3480円(税込)。NTT-Xでは取り寄せ扱いとなりますがさらに安く、原稿執筆時は3万981円となります(税込3万3471円からクーポンで2490円割引)。

同モデルは従来より廉価ではありましたが、それでも3万5000円切りは、ほぼありませんでした。これは大手ショップで販売されている4Kディスプレイとして、最廉価とも呼べる価格です。


画面の大きさは4Kとしては今や小さめとなりますが、パネルの駆動方式はAH-IPSタイプ。廉価版4KディスプレイにありがちなTN駆動タイプではありません。パネル表面はノングレアタイプ。
基本仕様としても、コントラスト比は最大500万:1、応答時間はGtoG Highで5ms、色域はNTSC比率72%と、LGエレ製品らしくしっかりとした水準です。



対応リフレッシュレートは60Hzで、映像入力はHDMI 2.0端子×2とDisplayPort×1。AMD Radeonシリーズのティアリング(ゲームなどで発生する画面乱れの一種)を防止する可変リフレッシュレート技術『AMD FreeSync』にも対応。さらに内部フレームバッファを経由せずに映像を表示し、遅延を低減する『DASモード』も搭載します。



設定に関しては、LGエレ製ディスプレイで評価の高いジョイスティック操作を採用。さらにWindows/Macから設定操作を可能にするコントロールアプリ『OnScreen Control』も付属するため、手元のマウスやキーボードからの設定も可能です。




付属のスタンドは高さ調整こそできないタイプですが、前向きに2度、後向きに20度のチルトが可能。さらに100mmのVESAマウントホールを備えるため、市販のアームなどが使えます。

なお隠れた特徴として、入力端子が背面側に向いている(昨今多い底面側の向きではない)点も挙げられます。背面側にケーブル端子のスペースが必要になるため、設置取り回しの点ではデメリットですが、ケーブルの装着に際しては比較的容易です。



本体サイズはスタンド付きで554×421×202mm(幅×高さ×奥行)、スタンドなしで554×333×61mm(同)。重量はスタンド付きで4kg、スタンドなしで3.4kg。画面が小さめだけあり、4Kディスプレイとしては比較的軽量な点もポイントです。メーカー保証は3年間。

本モデルは上位機種で採用されているナローベゼル設計やHDR映像ソースへの対応、USBタイプC入力などの特殊機能こそ持ちませんが、PC用の4Kディスプレイとしては水準以上の機能を備えた機種。3万円台前半で購入できるのであれば間違いなくお買い得と言える水準です。
この価格水準であれば、2018年の年明けは4K環境で、と思い切ってみるのも良いのではないでしょうか。

239シェア
0
158
0
81

Sponsored Contents