Sponsored Contents

cameraの最新記事

Image credit:
Save

2017年、自分的ベストバイはVLOG撮影に最高なGoPro HERO6

来年も引き続きGoProと一緒にあちらこち、旅に出たいと思います。

東 智美(Tomomi Higashi)
2017年12月29日, 午後01:00 in Camera
44シェア
1
43
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View


こんにちは。東です。
今年も残りわずかということで、わたしのベストバイガジェット! をご紹介します。

乃木坂女社長ぴちきょ

2016年冬に趣味でYouTubeに日常や旅のVLOG(ビデオログ)投稿を始めるようになってから、2017年は、ドローン、コンデジ、360度カメラ、ジンバル... 怒涛のように様々な動画撮影機材を購入してまいりました。

Gadgets

その中でも、デイリーな動画撮影機材として、2017年のベストバイは、アクションカムの雄「GoPro HERO6」です!

GoPro HERO6

圧倒的にコンパクト! 4K/60pの動画撮影可能な高画質、高画角で、VLOG撮影に最高!

旅先で動画撮影することが多い私にとって、コンデジさえも、ぶら下げている首が凝ったりバッグの容量を圧迫するので、つい面倒になって置いていきがち。かといって、iPhoneで動画をとるのは画質面で物足りなく満足度が低いので、なかなか道具の決め手に欠ける日々でした。

これら不満の中で、救世主のように登場したのが、GoPro HERO6。

GoPro HERO6

スマホより軽く、手のひらに収まるコンパクトボディ。ボタンひとつで起動し撮影できる迷いようのない簡単設計ながら、圧倒的に画角が広くて、高画質!

アクションカメラと銘打たれながら、日常的なVLOGにしか撮影していないので、そもそも使い方が合っているのかも謎ですが、野外で街中で「あっ」と思ったときに、ワンタッチ起動のクイックキャプチャですぐに撮影できるのがなにより便利。

GoPro HERO6

タッチスクリーンでモード変更も簡単に、スローモーションやタイムラプスも撮ることができるので、変化のある動画づくりも簡単です。

GoPro HERO6

なにより気に入ったのは彩度の高いその発色

特に明るい野外では、空も海もより青く、緑はくっきりと、明度、彩度、コントラストが高いのが特徴です。

GoPro HERO6 撮影作例
11:00頃にGoPro HERO6で撮影(六本木ヒルズ)

GoPro HERO6 撮影作例
14:00頃にGoPro HERO6で撮影(東京ミッドタウン)

iPhone X 撮影作例
同時間、同位置からiPhone Xで撮影。iPhoneの写真は黄味が強いのが特徴

現実より鮮明な絵づくりにソフトウェア設計されてるかと思われますが、VLOGは「正しい絵」を撮りたいわけではないので、自分の記憶が発色良く記録されていくのは気持ちがいいものです。


暗所が苦手、手ぶれ補正で画角が狭くなる等、弱点がないわけではありません。

明るい外は発色良く撮りやすい反面、夜や暗所ではざらつきがでたり、室内の蛍光灯の下ではやや青味がかった色になるので暖色で美味しそうに艶やかに撮りたいフード撮影にも向いていません。また、マクロは弱いので寄るとボケます。

GoPro HERO6 撮影作例

また、強力な手ブレ補正モードが搭載されていますが、電子補正のため、画角がとたんに狭くなり、蛍光灯の下や夜間でカクつきが出たりすることには、物足りなさを感じます。


それでも、いつもポケットやポーチに入れて持ち歩き、好きなタイミングで日常VLOGを撮影するのに最高!

本体への給電もUSB Type-Cでモバイルバッテリーから高速に充電できるのでバッテリー切れを気にすることもありません。

来年も引き続きGoProと一緒にあちらこち、旅に出たいと思います。

GoProのポテンシャルを最大限に引き出す純正スタビライザー「Karma Grip」

さて、GoPro HERO6の手ブレ補正の物足りなさを解消し、そのポテンシャルを最大限に引き出すために、GoProの純正スタビライザー、Karma Grip(カーマグリップ)を追加で購入しました。

GoPro HERO6
(バックパックのベルトにマウントするためのホルスターを別途装着しています)

デジカメで使うような通常のスタビライザーに比べ、軽く、スリムでコンパクトなのが特徴です。

GoPro本体の手ブレ補正モードOFFにし、広角のまま、滑らかな動画が撮影出来ます。

GoPro HERO6

GoPro本体とUSB Type-Cでジョイントし、グリップ部分のボタンから、ワンタッチで、電源のオンオフ、撮影開始と終了、モード変更(動画、タイムラプス、写真、連写)、角度調整ができるので、とても便利。充電もGoProを接続したままKarma Grip側に給電すれば、1度で二台充電可能です。

GoPro HERO6

GoProでより高画質な動画撮影をしたい方にオススメしたい、オプションの一本です。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: camera, gopro
44シェア
1
43
0

Sponsored Contents