Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

ジョブズとも因縁深いアップル史上初のGUIパソコンLisa、OSソースコードを2018年に公開予定

iMac Proより高価だったので売れるわけないですよね…

Kiyoshi Tane
2017年12月28日, 午後05:00 in apple
602シェア
0
443
0
159

連載

注目記事


かつてアップルが開発・販売したオフィス向けパーソナルコンピュータ「Lisa」のOSソースコードが、2018年にオープンソースとして公開されます。Lisaファン向けのメーリングリストにて明らかにされました。

発見されたソースコードの元ファイルは破損があったものか、Disk Image Chefなどのツールにより修復された後に、現在アップルがレビュー中。アップルの審査後に米コンピュータ歴史博物館により公開される見通しです。

Lisaは約35年前の1983年に登場したアップル製のデスクトップPCで、個人向けの商用コンピュータとして最初期にGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)を備えた製品です。「マウスで操作でき、画面上にアイコンを配置できるアップル製コンピュータ」の歴史はここから始まりました。

その開発には約1億5千万ドルもの資金が投入され、当時の価格は約1万ドル。現在の貨幣価値に換算すると約2万4千ドル(約270万円)にもなる高価さや、先進的な機能と引き換えといえる動作速度の不利のせいか、発売後3年の販売は約1万台に留まることに。志は高かったものの、商業的には失敗に終わりました。

Lisaはアップルの共同創業者スティーブ・ジョブズの理想が強く反映されていたコンピュータです。そのため当時のCEOジョン・スカリーとの確執も深まり、ジョブズが一時アップルを離脱する一因となりました。Lisaが「アップルにとって因縁深いハード」と言われるゆえんです。

Lisa

なおジョブズはLisaの開発途中にプロジェクトリーダーから外され、次に関わったのが(すでに少人数で進められていた)Macintoshプロジェクトでした。

そんな風にジョブズの人生や、その後のアップル製品に大きな影響を与えたと思われるLisa。ソースリストが公開された際には、若き日のケヴィン・コスナーが出演したCMとともに眺めてはいかがでしょう。



602シェア
0
443
0
159

Sponsored Contents