Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:
Save

「画面左端のプレス」がポイント。アプリをスムーズに切り替え、起動する便利技:iPhone Tips

3D Touch対応機であれば、ホームボタンいらずで切り替えられます

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2018年1月4日, 午後12:30 in iphone tips
176シェア
0
73
0
103

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 23 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 23 時間前
View
Web版Gmailがリニューアル。時限式で「消えるメール」など機密性も大幅アップ

Web版Gmailがリニューアル。時限式で「消えるメール」など機密性も大幅アップ

Kiyoshi Tane, 1 時間前
View

毎日のiPhone操作で、よく使うアプリはスムーズに操作したいもの。そんなときのために、iOSではさまざまな操作を用意しています。たとえばマルチタスク画面は、画面の左端をプレスすることで、ホームボタンを使うより素早く表示できます。

ここでは、アプリ操作に役立つ機能として、マルチタスク画面の表示方法や、Siriを使ったアプリの呼び出し方法を紹介します。これらの操作方法は、iPhoneをよりスムーズに使うために役立つはずです。

Gallery: アプリをスムーズに起動しよう | 5 Photos

5

マルチタスク画面を瞬時に表示する

iPhoneでのアプリ切り替え(マルチタスク画面)は、ホームボタンのダブルクリックで操作するのが一般的でしょう。しかし実は、iPhone Xでなくても、ホームボタンを使わずに表示する方法があります。

iPhone 6s以降の3D Touch対応機種で画面の左端をプレス(画面を押し込むように触れる動作)すると、画面が振動しマルチタスク画面の一部が表示されます。マルチタスク画面全体を表示するには、再度画面をプレスするか、指を右方向にスワイプしましょう。


▲画面の左端をプレス(左)。マルチタスク画面の一部が表示されたら、再度画面をプレスするか、右方向にスワイプする(右)


▲マルチタスク画面が表示された

ホームボタンを押す方法の場合、画面を操作している最中にホームボタンまで指を動かすのは少し面倒です。画面をプレスしてマルチタスク画面を表示するこの方法なら、慣れるとより素早くアプリを切り替えられます。


最後に使っていたアプリを素早く起動

プレス操作を利用すれば、最後に使っていたアプリをワンアクションで起動することも可能です。まずは、マルチタスク画面を表示したときと同じように画面の左端をプレスしましょう。アプリの一部が画面の左端に表示されるので、指をそのまま右端まで動かせば、最後に使っていたアプリを表示できます。


▲画面の左端をプレスし、表示されたアプリを右端まで動かす(左)。アプリを表示できた(右)



Siriでアプリを起動する

アプリを素早く起動する方法としては、実は本連載でおなじみのSiriを使った方法もあります。こちらの操作はシンプル。Siriを起動し、アプリ名をそのまま発音するか、「~~アプリを起動して」と話しかけると、そのまま該当のアプリが開きます。なお、iPhoneに標準搭載されているアプリ以外もこの方法で起動できます。

名前さえ覚えていれば起動ができるので、とくにホーム画面にアプリアイコンが増えすぎて、目的のアプリを探し出せないときに便利です。


▲Siriを起動し、アプリ名を発音する。ここでは「マップアプリ」と話しかけた(左)。「マップ」が表示された(右)

関連キーワード: apple, ios 11, iphone, iphone tips, tips
176シェア
0
73
0
103

Sponsored Contents