Sponsored Contents

intelの最新記事

Image credit:
Save

型番はCore i7-8809G。AMD Radeon搭載Core iの仕様がインテル公式に(一瞬)掲載

TDPはGPUと合わせて100Wと高めです

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2018年1月4日, 午後03:00 in intel
513シェア
0
448
0
65

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 23 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 23 時間前
View
Web版Gmailがリニューアル。時限式で「消えるメール」など機密性も大幅アップ

Web版Gmailがリニューアル。時限式で「消えるメール」など機密性も大幅アップ

Kiyoshi Tane, 1 時間前
View

米インテルが11月にプレビューした「AMD製GPU(グラフィックス)搭載のCore i」CPUは、PC用CPU業界における呉越同舟的な組み合わせなどから大きな話題を呼びました。しかしその時点では、2018年第1四半期に搭載PCが登場予定とされ、正式にはモデル名も未公開でした。しかしここへ来て米国インテルの公式サイトに、モデル名とわずかながらの仕様が公開されました(残念ながら現在では削除されています)。

公開された仕様は、ゲーマー向けのオーバークロック可能なCPUリストの中。モデル名は『Core i7-8809G』です。注目点だったTDP(消費電力と発熱の目安となる値)はGPUとCPUを合わせて100W。そしてGPU部は『Radeon RX Vega M GH』と表記されており、Radeonでの最上位となるVegaシリーズに属することが明らかになっています。



残念ながら、もっとも気になる方が多いであろうRX Vega M GHの性能は未知数。ですが、予想されるTDPが55W前後である点と『RX Vega』の名を冠する点、そしてダイ(半導体本体)の面積などから、専門家の間では演算ユニット(CU:Compute Unit)数は20から24基との予測が主流となっています。


なお、今回公開されたi7-8809GのTDPに関しては『ターゲットパッケージTDP』という、他とは異なる項目名となっている点も目を惹きます。これに関しても解説はありませんが、従来のインテルの表現からすると「CPU部とGPU部を合わせて100Wに設定されている」と想定できます。

GPUのTDPが55Wというのは、CPU部のTDPは、従来インテルが高性能ノートPC用としている45Wでほぼ確定しているためです。

単体ビデオカードに搭載されるRadeon RX Vegaシリーズは、上位版が64CU、廉価モデルが56CUという構成ですが、公称の典型的な消費電力も295Wと210Wと、消費電力も非常に大きなもの。
一方でノートPCの枠では、AMDの擁するTDP 15Wモデル『Ryzen 7 2700U』に10CU版が内蔵されていますが、こちらに比べると実行ユニット数で2倍かそれ以上となる値です。

このあたりから予測される性能からすると、確かにインテルがプレビュー時に提示していた、ゲーム用ノートPCやVR用バックパックPCにも使えるだけの性能は確保されていそうです。



そして隠れた注目点は、CPU側に内蔵されたインテル製グラフィックスも『インテル HDグラフィックス630』として有効化されている点。これは低負荷時や消費電力(バッテリー駆動時間)優先モードで使われるためですが、一方でCPUコアが第7世代相当であることも示唆しています(第8世代では、UHDグラフィックス~と名付けられていることから)。

また、公式でのメモリ速度サポートはDDR4-2400までと、このあたりも第7世代の仕様と合致します(第8世代のi7は、デスクトップ版ですがDDR4-2666までと、より高速なメモリをサポートします)。

その他に、今回公開された情報では、CPU部が4コア8スレッドで、基本動作クロックは3.1GHz。LLC(ラストレベルキャッシュメモリ)は8MBといったところ。ターボ時の最高クロック表記のないページに掲載されたためこのあたりは不明ですが、「オーバークロック(内部倍率設定変更)可能」とされている以上は、このあたりも現行のHKシリーズに準じる高いレベルとなりそうです。


インテルとAMDの両社が協力して送り出す点、そしてこれまでのCPUでは"谷間"となっていた、VR Ready水準でありながら小型PCにも使えそうな点などから注目を集めるi7-8809Gですが、搭載PCの登場予定は先述したように2018年第1四半期(1から3月)と、今となっては間近。おそらく近日開催されるCES 2018でなんらかの発表があるものと思われます。

なお、インテル自らの搭載PCとしては、超小型デスクトップPC『NUC』において、コードネーム"Hades Canyon"と呼ばれるモデルが登場予定との、確度の高いウワサが出ています。

同モデルはPCゲーム向けNUCとして企画された『NUC6i7KYK』(開発コードSkull Canyon)の流れを汲むものとされており、またSkull CanyonはNUCとしては最上位に位置する構成のモデルでした。このことからも、やはりi7-8809Gは比較的高性能・高価格なモデルと位置づけられそうです。

513シェア
0
448
0
65

Sponsored Contents