Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

まるで魔法の鏡。Amazonが混合現実ミラーによる「バーチャル試着」技術を出願

バーチャルドレスを着てバーチャルビーチでポーズを取れるかも

Kiyoshi Tane
2018年1月5日, 午後06:00 in amazon
275シェア
0
194
0
81

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

米Amazonがバーチャル着替えを実現する混合現実ミラーの特許を出願していることが、海外Tech系メディアGeekWireにより伝えられています。

この鏡は、写したユーザーの画像に水着やカクテルドレスなど仮想ファッションを着せた上で、ビーチサイドやダンスフロアなど様々な場面に置いた姿を確認できるもの。服のみならず舞台とのコーディネートにも参考にできるという趣旨のアイディアです。

Amazonはすでに同社のAlexa搭載スピーカーEchoにカメラを搭載して自撮りができるEcho Lookを米本国で販売しており、2つの写真からどちらの服が似合っているかをアドバイスするLook's Style Checkサービスを提供しています。
mirror

新たに特許出願された混合現実ミラーは、Echo Lookの延長上にあるもの。鏡は部分的に反射、部分的に透過性あるマジックミラー的な作りで、そこにディスプレイやカメラ、プロジェクタを組み合わせて「現実とバーチャル服やシーンと合成する」という仕組みです。

ユーザーが鏡を見ると、カメラが周囲の環境をスキャンし、顔と目を識別して着替えをさせる本人を認識。このプロセスが完了するとバーチャルな服とシーンが鏡に反映され、顔追跡センサーによりどんな角度でも画像を生成できるとのこと。

これはあくまで特許の出願ということで、製品化される保証はありませんし、このアイディアが複数の製品に分散されて実現する可能性もあります。

ただ、Amazonがファッション業界で積極的な動きを見せていることも事実です。2016年には独自ファッションブランドを立ち上げ、2017年にはKinectを使って簡単に人体の3Dモデルをスキャンできるシステムを開発したスタートアップBody Labs社を買収しています

ファッション音痴に悩まされている人々には、Amazon鏡の前に立つだけで「似合う服」の候補が提示される未来が待ち遠しいかもしれません。

Via: GeekWire
Source: USPTO
関連キーワード: amazon, fashion, vr
275シェア
0
194
0
81

Sponsored Contents