Sponsored Contents

Personal Computingの最新記事

Image credit:
Save

HP、ノートPCのバッテリーの異常過熱でリコールを発表。2015年12月~2017年12月の一部製品に影響

HPユーザーは確認を

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年1月5日, 午後04:30 in Personal Computing
131シェア
0
131
0
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
 ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

ソニー「WF-1000XM3」が売り切れまくる理由に納得。ノイキャン性能爆上げイヤホンでした

View
日本HPが、2015年12月から2017年12月までに集荷された一部のノートPCのバッテリーに「潜在的な安全性の問題」あり、自主回収を実施すると発表しました。国内では問題の報告はないものの、海外ではバッテリーの過熱による焦げ付きや溶解が8例あり、なかにはユーザーが火傷を負ったった例もあったとのこと。

発表文によると、サプライヤーのうち1社のバッテリーパックに問題があるとのことで、回収対象となるのは以下のマシン。

ProBookHP Probook 640 G2HP ProBook 640 G3
HP ProBook 645 G2HP ProBook 645 G3
HP ProBook 650 G2HP ProBook 650 G3
HP ProBook 655 G2HP ProBook 655 G3
ZBookHP ZBook 17 G3HP ZBook 17 G4
HP ZBook Studio G3
x360HP x360 310 G2
PavilionHP Pavilion x360
EnvyHP ENVY m6
11HP 11 Notebook PC


HP ZBook Studio G4は対象バッテリーを装着可能なものの、標準添付のバッテリーは対象ではないとのこと。

自分のPCのバッテリーが回収対象かどうか判断できない場合は、判定ツールを使用して確認することも叶です。

HPは、すべてのHP製品の品質と安全性が最優先事項であること、バッテリーの交換対応は、過去2年間に世界中で販売されたHPシステムの0.1%に関係することを説明。影響あるユーザーは電池を無償で交換するとともに安全モードで外部電源に接続することで、安全に機器を使い続けられるとしています。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

131シェア
0
131
0
0

Sponsored Contents