Sponsored Contents

aiboの最新記事

Image credit:
Save

2006年の今日、HD対応のXacti「DMX-HD1」が発表されました:今日は何の日?

以前発売になった製品やサービス、話題、ニュース、記念日など、気になったものをピックアップ

今日は何の日?
2018年1月11日, 午前05:30 in Aibo
91シェア
0
56
0
35

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 23 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 23 時間前
View
Web版Gmailがリニューアル。時限式で「消えるメール」など機密性も大幅アップ

Web版Gmailがリニューアル。時限式で「消えるメール」など機密性も大幅アップ

Kiyoshi Tane, 1 時間前
View

おもなできごと
・2006年1月11日、三洋電機がHD対応した新型Xacti「DMX-HD1」を発表
・2006年1月11日、デルが2560×1600ドットの30インチ液晶「3007WFP」を発売
・2007年1月11日、中国が人工衛星攻撃兵器の実験で気象衛星をミサイル破壊
・2018年1月11日、ソニースクエア渋谷で犬型ロボット「aibo」を展示

1月11日は「鏡開き」。無病息災などを祈って、正月にお供えした鏡餅を食べる行事です。ここまでくると正月飾りもほぼなくなって、正月気分も終わりますね。

過去のできごとで気になったのは、XactiにHD対応の「DMX-HD1」が登場したこと(2006年)。動画撮影機能を強化したガングリップタイプのデジカメであるXactiは、動画をスナップ感覚で撮影できるという点で人気を集めました。とはいえ、写真画質ではデジカメ、動画画質ではビデオカメラに届かず、中途半端な製品ともいえます。この画質を大きく改善し、さらにビデオカメラ並みの光学10倍ズームまで搭載したのが本製品。同シリーズ初の720pのHD動画撮影に対応したほか、ディスプレイには有機ELを採用するなど、気合の入った製品でした。ちなみに、フルHDに対応したのはDMX-HD1000(2007年9月)からとなります。

もうひとつ気になったのは、デルの30インチ液晶「3007WFP」(2006年)。22万8000円というのは今としてみれば高価ですが、アップルのシネマディスプレイくらいしか30インチ液晶がなかった当時としては、待望の、そして破格の製品でした。現在は43インチの4K IPS液晶が6~7万で買えるわけで、十数年の製品進化、低価格化はすさまじいですね。

去年の今日から気になる記事をピックアップ

CES 2017で見つけた変態端末「GraalPhone」のやんちゃっぷり:週刊モバイル通信 石野純也


新製品からコンセプトモデルまで、多数の機器やサービスが発表されるCES。そこで見つけたやんちゃな端末、「GraalPhone」の話題です。何がどうやんちゃかといえば、キーボード搭載でノートPCのように見える外見でしょう。しかも着脱式で5インチのスマホを分離できるという、ASUSのPadFoneみたいなことになっています。

さらに変態的なのが、OSはWindows 10、液晶を閉じればAndroidの両対応なうえ、5倍ズームカメラとスマホカメラを同時利用でき、3D写真も撮れるという、お腹いっぱいな仕様なところ。2017年中発売との予定でしたが、公式サイトをチェックしてみる限り、進んでいない模様です。

91シェア
0
56
0
35

Sponsored Contents