Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:
Save

折り畳みディスプレイ端末は2019年に延期、Galaxy S9は2月末のMWCで発表──サムスンモバイル社長が明言

来年に「来年発売」が繰り返されないことを祈ります

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2018年1月10日, 午後07:30 in mobile
185シェア
0
137
0
48

連載

注目記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 9 時間前
View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

人気記事

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Windows 10に小容量エディション「Lean」が追加か、 ストレージ16GB機でもより快適に?

Kiyoshi Tane, 9 時間前
View

ラスベガスで行われているCES 2018での記者会見の中で、サムスンモバイルの社長 DJ Koh氏が以前から噂されている折り畳み端末を2019年に発売すると発表しました。

この折り畳み端末、昨年9月の時点では2018年中に発売するとされていました。延期された理由については、UX(User Experience)が最大の障壁であり、その克服に取り組んでいるとしています。


UIではなくUXとしていることから、単にソフト上の問題だけではなく、折り畳むことによる使い勝手など根本的な部分で問題が生じているのかもしれません。

サムスンの折り畳み端末は、そのコンセプトが公開されたのが2013年のCESでのこと。すでに5年が経過しましたが、いまだにどのような端末になるのかは想像の域を出ていません。



とはいえ、サムスンはこれまでに折り畳み端末についていくつかの特許を申請・取得しており、その中には形状のヒントになりそうなものも含まれています。

一つは、2013年のCESで発表されていたコンセプト通りと思える形状のもの。



一方で、いわゆるガラホのような形状の折り畳みデバイスについても特許を出願しています。



DJ Koh氏は昨年の会見の中で、折り畳みデバイスをGalaxy Noteブランドで発売すると明言していました。であれば、前者のような形状を期待したいところです。

また、折り畳みデバイスと言えば、ZTEの2画面スマートフォンMが間もなく日本でも発売されるほか、HUAWEIも2画面スマートフォンの開発を明らかにしています。Microsoftも折り畳み端末を開発中との噂が出ており、今年は折り畳みが一つのトレンドになりそうです。


▲ドコモから発売される「M」

なお、今回のCESでの発表も噂されていた次期旗艦モデルGalaxy S9については、2月末に予定されているMWC 2018で発表予定とのことです。

Galaxy S8はMWCのあと、2017年3月にニューヨークで発表されていましたが、Galaxy S9はそれよりも1ヵ月ほど早まる見通しです。

SoCには先日発表されたExynos 9810、市場によりSnapdragon 845の搭載が予想されます。こちらの発表も期待して待ちたいと思います。

185シェア
0
137
0
48

Sponsored Contents