Sponsored Contents

Servicesの最新記事

Image credit:
Save

アップル、未来が舞台の壮大な独自ドラマ「See」製作。「ハンガー・ゲーム」シリーズの監督がメガホン

製作中のアップル独自ドラマはこれで4作目

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2018年1月11日, 午後07:00 in Services
45シェア
0
45
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
アップルが映画「ハンガー・ゲーム」第2~4作の監督フランシス・ローレンスを監督に迎えた、新たなオリジナル番組を製作する模様です。エンタメ情報サイトDeadlineによると、脚本は1920年代の英国ギャングを扱ったドラマ「Peaky Blinders」などで知られるスティーブン・ナイトが担当し、未来を舞台とした壮大なドラマになるとのこと。

アップルは2017年6月にソニー・ピクチャーズから「ブレイキング・バッド」などに携わった役員2名を迎え入れて以降、スピルバーグ製作総指揮のリブート版「世にも不思議なアメージング・ストーリー」、ジェニファー・アニストン主演のドラマ、さらに「バトルスター・ギャラクティカ」などを手がけたロナルド・D・ムーアによるSF作品にゴーサインを出したことが報じられています。

4作目となる今回のドラマは、出演者やあらすじなどはまだわかっていないものの全8話構成になるのではと予想されています。

気になるのは、これらのドラマがどんなプラットフォームでリリースされるのかということ。アップルがNetflixのような新サービスを始めるのか、「Planet of the Apps」や「Carpool Karaoke」のようにApple Music内で公開されるのかはまだわかりません。

とはいえうわさでは、アップルはオリジナル作に10億ドル(約1120億円)もの予算を投下しているとも言われます。出来上がってくる作品たちがどれほどのクオリティになるのかも、いまから気になるところです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

45シェア
0
45
0

Sponsored Contents