Sponsored Contents

AVの最新記事

Image credit:
Save

最大4人で演奏・曲作りできる KORG Gadget for Nintendo Switch。16のシンセやドラムマシン搭載

音で遊ぶ

Munenori Taniguchi
2018年1月19日, 午前05:12 in AV
336シェア
0
239
0
97

連載

注目記事

電子楽器のコルグが、ニンテンドースイッチで動作するDAW(Digital Audio Workstation)ソフトKORG Gadget for Nintendo Switchの詳細を発表しました。ソフトの操作はJoy-Conに最適化され、最大4人で作曲や演奏ができます。

iOS版およびMac版に比べてJoy-Conを利用した直感的なUIを採用したのが大きな特徴。Joy-Con回すと画面上のノブを動かしたり、傾ければスケールに沿ったノートを演奏したり入力できます。もちろんボタンとスティックによる演奏・入力も可能で、振動によるフィードバックが手触り感を演出します。

サウンドを選び、フレーズを決め、シーケンスを設定してミックスするという4工程をわかりやすくレイアウトしており、楽曲に合わせてスケールを決められるスケールモードも搭載しました。

内蔵音源として16種類のシンセサイザーやドラムマシン、そしてKORGとバンダイナムコが共同開発したウェーブテーブルシンセサイザー「Kamata」を搭載、「求めるサウンドを素早く提供する」としています。

ニンテンドースイッチドックのHDMI出力を使うことで、テレビの大画面でKORG Gadgetを使うことも可能。プロジェクター投影すればライブパフォーマンスに活用すると行った使い方もできるとKORGは提案します。

発売時期は今春の予定。KORGとKORG Gadget for Nintendoを共同開発した音楽制作会社 DETUNE からの発売となりますが、価格は未定です。

336シェア
0
239
0
97

Sponsored Contents